ここから本文です

デビュー10周年のDAISHI DANCEが今後の展望明かす「和を意識したユニットも進めている」

オリコン 9月18日(日)20時20分配信

 日本を代表するDJのDAISHI DANCE(ダイシ・ダンス)が18日、東京・お台場で開催された都市型巨大ダンスフェス『ULTRA JAPAN 2016』に出演し、AWAブース内でORICON STYLEの取材に応じた。今年デビュー10周年のDAISHI DANCEは、「また次に何をしようかなという、ちょうど転換期。今のスタイルも継続して行きますが、和楽器を取り入れたダンスミュージックや映像を演出するユニットを新人になったつもりで進めています」と今後の展望を明かした。

【写真】ざわちんやMINMI、来場した著名人のフェスファッション

 今年で2回目の出演となったDAISHI DANCEは、「1時間プレイしました。早い時間で心配していたのですが、後ろの方までお客さんが来てくれて、楽しくプレイできました」と満足気に語る。同イベントでのステージを振り返り、「僕は、メロディアスなハウスのイメージが強いので、自分らしさも出しつつ、エッジの効いたハウスを取り入れつつ、EDMが好きな人にも楽しめる内容にしました」と明かし、「メインステージは日本人の出演がひとりだけだったので、『さくら』をトラベルハウスにしたり、映像も和を意識し、日本らしい要素も入れました」と独自性をアピールした。ファッション感度の高い来場者も多く、「露出も多いし、気合いを入れて選んで来ているので、普段の生活よりセクシーにオシャレをして来ている女の子が多いですね」と異性のファッションについても語った。

 また自身の活動については、「最初の5年は、メロディアスなサウンドのイメージでした。時代の流れでもありますが、DJを積極的にやって、こういったイベントにも出させて頂いています」と振り返る。さらに、「DJと音楽の仕事が、過去最高と言っていいほど充実しています。音楽を作るために、日本のパワースポットや行きたかったところに行く時間も作れて、楽しく過ごしています」と充実した毎日を送っているようだ。

 『ULTRA MUSIC FESTIVAL』は、98年から米・マイアミで毎年開催され、日本のほか計19ヶ国でも開催。ひと晩で数十万ドルを稼ぐトップクラスのDJ陣が出演し、昨年日本では3日間で9万人を動員。今年で3回目を迎える『ULTRA JAPAN』は、17日から3日間にわたって開催され、2日目となる18日は、ハードウェル、ナイフ・パーティー、フェデ・ル・グランドらが出演。本日出演のハードウェルのほか、初日に出演したデッドマウス、さらに昨年の出演者のプレイリストは音楽配信サービス「AWA」で公開中。開催日ごとの予習プレイリストも公開されているのでイベント参加者はもちろん、まだ体験したことのない人もAWAで『ULTRA JAPAN』が楽しめる。

最終更新:9月18日(日)21時29分

オリコン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。