ここから本文です

元アイドリング!!!の橘ゆりか、筋肉好きを公言

オリコン 9/19(月) 15:07配信

 アイドリング!!!の元メンバーで、現在はBooing!!!として活動する倉田瑠夏と橘ゆりかが18日、東京・お台場で開催された都市型巨大ダンスフェス『ULTRA JAPAN 2016』に来場し、AWAブース内でORICON STYLEの取材に応じた。男性の好きな服装について倉田は、「白や黒のTシャツがカッコいいな」とシンプルな服装が好きだと言い、一方の橘は「筋肉! 服じゃないですね(笑)。冒険心のある服装をしている人がいいですね」と服より肉体と明かし笑いを誘った。

【写真】スカートから美脚チラリ、橘&倉田の全身ショット

 初参加となった2人は、「人がこんなにいっぱいいるんですね」と来場者の多さに驚きを隠せない様子。倉田は「いまDJの勉強をしていて、それを兼ねてきました」とイベントを楽しみにしていたようで、「EDMがすごく好きです。女の子っぽいキラキラした曲が好きで、そういう曲を選んで行けたらと思います」とDJのスキルや選曲にも注目しているようだ。橘も「音楽好きのパリピ(パーティー・ピープル)を見に来ました」とノリノリで喜んでいた。会場には、最新ファッションに身を包んだ人や開放的な空間に合わせ水着の来場者も多く、「露出が高いし、目の保養になる」と橘も驚いていた。

 アイドリング!!!を卒業後、Booing!!!として活動するなかで、倉田は「人数が多いと埋もれちゃうけど、2人だと私たちだけにしか目線が行かないので、緊張度があがります」とグループとの違いを明かす。2人で活動するなかで倉田は「絆が深まった」と言い、橘も「家族や友達といる時間より長い」とかけがえのない存在であることを明かした。最近も元アイドリング!!!のメンバーとは、「お仕事やプライベートでも会いますね」と交流を続けているようだ。

 『ULTRA MUSIC FESTIVAL』は、98年から米・マイアミで毎年開催され、日本のほか計19ヶ国でも開催。ひと晩で数十万ドルを稼ぐトップクラスのDJ陣が出演し、昨年日本では3日間で9万人を動員。今年で3回目を迎える『ULTRA JAPAN』は、17日から3日間にわたって開催され、3日目となる19日は、ティエスト、マーティン・ギャリックス、ネロらが出演。本日出演のティエストほか、初日に出演したデッドマウス、2日目出演のハードウェル、さらに昨年の出演者のプレイリストを音楽配信サービス「AWA」で公開中。開催日ごとにセットリストをまとめたプレイリストも公開されているのでイベント参加者はもちろん、体験したことのない人もAWAで『ULTRA JAPAN』が楽しめる。

最終更新:9/19(月) 15:19

オリコン