ここから本文です

巨人ミスミス…逆転負けでCS決定お預け ’11以降最多失策81

サンケイスポーツ 9月18日(日)5時0分配信

 (セ・リーグ、巨人2-5ヤクルト、25回戦、巨人14勝11敗、17日、東京D)レギュラーシーズンでは最後となる、週末の東京ドーム。本拠地に詰めかけたG党を、お粗末プレーの連続で落胆させた。

 「ここのところ、ミスが出て負けることが多い。何とかしないといけないですね…」

 投手陣も崩れて、今季34度目の逆転負け。高橋監督も肩を落とした。

 四回は三塁の村田がファンブル。五回は二塁の辻が一塁悪送球。そして、六回二死一塁からは左翼のギャレットが手前で弾んだ打球を後逸して、一走の生還を許した(記録は左前打)。今季のチームの失策は、2011年以降で最多の81。10年に記録した100失策に迫る拙守ぶりだ。

 手痛いミスを犯したギャレットは「打った瞬間は追いつけると思ったが。ライトの光が目に入って一瞬、見失ってしまった」と猛省。勝つか、引き分けで10年連続のクライマックスシリーズ進出決定だったが、おあずけとなった。

最終更新:9月18日(日)5時0分

サンケイスポーツ