ここから本文です

張本氏、綱とりの稀勢の里に「チャンスある」、優勝は「豪栄道かも」

サンケイスポーツ 9月18日(日)9時37分配信

 野球評論家の張本勲氏(76)が18日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「御意見番スポーツ」に登場。大相撲秋場所の優勝争いについて、かど番大関の豪栄道が優位に立っていると予想。綱とりの大関稀勢の里については2敗ながら、「チャンスある」とコメントした。

 張本氏は、大相撲のコーナーで序盤に平幕に2敗を喫した稀勢の里について、出演者も残念そうなムードの中、「しかし、チャンスある。もう一番負けるとダメだけど」とコメント。混戦模様になっている今場所だけに、まだ綱とりの可能性があると持論を述べた。

 優勝争いについては、「豪栄道が優勝するかもしれないね。動きもいいし」と7連勝中のかど番大関の名前を挙げた。

 また、2横綱3大関を破り快進撃をみせている1敗の平幕隠岐の海については、「本来は三役を務めなきゃいけない。前頭一枚目あたりでウロウロしている力士じゃない」と、31歳のベテランに期待を寄せていた。

最終更新:9月18日(日)9時55分

サンケイスポーツ