ここから本文です

西東京市女性殺害 逮捕の男「事件直前にトラブル」

産経新聞 9月18日(日)16時47分配信

 東京都西東京市のアパートで8月、無職の多田和代さん(79)が殺害されているのが見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された隣の部屋に住むアルバイト、平岡大容疑者(30)が、「自宅にあった包丁を使って殺した。包丁は犯行後に捨てた」などと供述していることが18日、捜査関係者への取材で分かった。多田さんは事件前、周囲に「隣の部屋が遅くまでうるさい」などと話していたといい、捜査1課は詳しい動機などを調べている。

 多田さん宅から平岡容疑者のものとみられるたばこの吸い殻も見つかっていたことも判明。平岡容疑者は「多田さんと事件直前にトラブルになり、かっとなってやった」などとも供述しており、捜査1課は突発的な犯行だった疑いもあるとみている。

 捜査1課は18日、殺人容疑で平岡容疑者を送検した。

最終更新:9月18日(日)16時47分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。