ここから本文です

麻生副総理、自民・古賀元幹事長 珍しいツーショット 福岡6区補選

産経新聞 9月18日(日)19時59分配信

 鳩山邦夫元総務相の死去に伴う衆院福岡6区補選(10月11日告示、23日投開票)に向け、麻生太郎副総理兼財務相と自民党の古賀誠元幹事長が18日、福岡県久留米市などでそろって街頭演説を行った。

 両氏は邦夫氏の次男、二郎氏(37)=前福岡県大川市長=と公認争いを続けている蔵内勇夫福岡県連会長の長男、謙氏(35)の応援演説でそろい踏みした。福岡県政で覇権を争う2人の重鎮が共闘するのは異例だ。

 麻生氏は演説で「農家が多く、保守が強い6区で自民党の火を消すわけにはいかない」と声を張り上げた。古賀氏も「蔵内氏と力を合わせ、インフラ整備を頑張り抜きたい」と訴えた。

 補選をめぐり、福岡県連は7月末に蔵内氏の公認を申請したが、鳩山氏も公認を求めており、保守分裂の様相を呈している。

最終更新:9月18日(日)19時59分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。