ここから本文です

【ローズS】オークス馬シンハライトが2冠へ弾み

サンケイスポーツ 9月18日(日)15時56分配信

 9月18日の阪神11Rで行われた関西テレビ放送賞第34回ローズS(3歳オープン、牝馬限定、GII、芝・外1800メートル、15頭立て、1着賞金=5200万円)は、池添謙一騎手騎乗のオークス馬シンハライト(栗東・石坂正厩舎)が1番人気に応え、秋華賞(10月16日、京都、GI、芝2000メートル)での牝馬2冠獲得へ弾みをつけた。タイムは1分46秒7(重)。ハナ差2着のクロコスミア(11番人気)、さらに1/2馬身差で3着のカイザーバル(6番人気)までが、秋華賞の優先出走権を獲得。桜花賞馬ジュエラー(2番人気)はシンハライトとの2強対決と目される中、11着に敗れた。

 シンハライトは中団より後ろでレースを進めて外から豪快に脚を伸ばし、逃げ切り寸前だったクロコスミアをゴール前で捕らえた。

 シンハライトは、父ディープインパクト、母シンハリーズ、母の父シングスピールという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)キャロットファームの所有馬。通算成績は6戦5勝。重賞2016年チューリップ賞(GIII)、オークス(GI)に次いで3勝目。ローズSは、石坂正調教師は12年ジェンティルドンナ、15年タッチングスピーチに次いで3勝目、池添謙一騎手は11年ホエールキャプチャに次いで2勝目。

最終更新:9月18日(日)16時16分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]