ここから本文です

早乙女友貴が会見、島袋寛子とは「自然に結婚したいと意見が一致した」

サンケイスポーツ 9月18日(日)18時9分配信

 女性ユニット、SPEEDの島袋寛子(32)と婚約を発表した俳優の早乙女友貴(20)が18日、大阪市内で会見した。モデルでタレントの西山茉希(30)と結婚した兄で俳優の早乙女太一(24)と同じ姉さん女房だが、12歳の年の差は「感じません。一緒にいて居心地がいい。幸せ」とおのろけ連発。すでに島袋宅で同居しており、タイミングを見て来年にも入籍したいと話した。

 大阪・森ノ宮ピロティホールで19日開幕の舞台「瞑るおおかみ黒き鴨」の稽古前。ロビーに現れると、「私、早乙女友貴は島袋寛子さんと婚約いたしました」と報告した。

 「人間としても女性としても素晴らしい。人に対する接し方、愛の持ち方、すべてが僕の中では魅力的で尊敬できる」

 2月に舞台で共演。島袋が12歳でデビューした1996年生まれの早乙女は、「曲とかは知ってたけど…」ファンというワケではなかったという。だが、直接会った第一印象は「素敵なエネルギー、オーラをまとった方」。すぐに打ち解け、4月に交際がスタートし、5月には島袋の自宅に引っ越し、プロポーズは「7月、6月くらい」というスピード婚約だ。

 「料理? とってもおいしいです。一緒にいる中で自然に結婚したいと意見が一致した」とのろけた。SPEEDの他のメンバーも「普通に祝福してくれた」。ただ、「お兄ちゃんとは婚約発表が出てから会ってません」という。

 入籍は「来年になるんじゃないかな。お仕事のタイミングをみて」とゆったり。「いずれは、運が良ければ家族を作りたい」と20歳らしくはにかんで話した。

最終更新:9月18日(日)19時45分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。