ここから本文です

DeNA、ロペスのサヨナラ3ランで初CSへ前進

サンケイスポーツ 9月18日(日)20時57分配信

 (セ・リーグ、DeNA6x-3広島=延長十回、24回戦、広島13勝11敗、18日、横浜)DeNAは同点の延長十回、ホセ・ロペス内野手(31)がこの日、2本目の本塁打となる29号3ランを放ち、サヨナラ勝ち。球団史上初となるクライマックスシリーズ(CS)進出へ、前進した。

 DeNAは3-3で迎えた延長十回、二死から死球と安打で一、三塁のチャンスを作ると、打席には六回に2ランを放っていたロペス。広島の6番手・大瀬良の投じた3球目、内角148キロの直球をフルスイングすると、打球は左翼席へ。劇的な29号3ランでDeNAがサヨナラ勝ちした。

 お立ち台に上がったロペスは「走者をかえすことだけを意識していた。非常に興奮して最高の気分だ」と劇的な一打を笑顔で振り返った。この日の2本を含め、これで9月だけで7本。「最後まで戦って30本打ちたいですね」とあと1本に迫った大台の30号を見据えた。これで19日にも球団初のCS進出が決まる。「必ずプレーオフに進んでみなさんと喜びを分かち合いたい」と力を込めた。

最終更新:9月18日(日)21時0分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報