ここから本文です

やはり今はスマホなのか? プリキュアの変身アイテムから「女児の憧れ」の変遷を探る

ギズモード・ジャパン 9月18日(日)12時10分配信

プリキュア変身アイテム=女児の憧れ。

まず、こう言って間違いないと思います。そして最近の子供の憧れといえば、やはり「スマホ」。子供にプレゼントで何がほしい?と問えば、3DSかスマホかってことになるのではないでしょうか?

さて、ではプリキュアの変身アイテムに「スマホ」が登場したのはどの作品なのでしょう? 調べてみました。

プリキュアは変身アイテム以外にも、さまざまな強化グッズがありますが、大筋はメインである「変身アイテム」に限定しています。参考にしたのはバンダイ様の歴史ページです。

2004年「ふたりはプリキュア」からしばらく携帯電話

初代「ふたりはプリキュア」では変身アイテムとして「カードコミューン」、次期「ふたりはプリキュアMaxHeart」では同じく「ハートフルコミューン」が登場しています。カードコミューンのデザインは、当時主流だった折りたたみ型携帯電話のようなデザイン。世代で言うとN505iあたりでしょうか。

MHのハートフルコミューンはクルッと回すギミックがSO505iクリソツです。親指でクルッと回して開くのが流行りました。何度も練習して親指の皮が擦りむけた記憶があります。

まだスマホが登場する前ですが、当時の子供達の憧れはやはり携帯電話であったのですね。なお、3作目である「ふたりはプリキュア Splash Star」の「ミックスコミューン」も携帯電話スタイルです。

2007年、時代を先取りしてスマートウォッチが登場

「Yes!プリキュア5」の変身アイテム「ピンキーキャッチュ」は、なんとスマートウォッチ。プリキュアは8年もブームを先取りしていたのです!

当時腕時計が流行したという記憶はないのですが、プリキュア5は戦隊物的なイメージがありましたし、それを強調するために腕時計型デバイスになったのかもしれません。

続編「Yes!プリキュア5GoGo!」では「変身ケータイ!キュアモ」。スマートウォッチから、やっぱり携帯電話へと回帰しました。ピンキーキャッチュの変身はかっこよくて好きだったんですけどね。

1/3ページ

最終更新:9月18日(日)12時10分

ギズモード・ジャパン