ここから本文です

マカオ、双子の赤ちゃんパンダの名前「健健」と「康康」に決定=公募でトップ

マカオ新聞 9月18日(日)8時50分配信

 今年(2016年)6月26日にマカオ・コロアン島の石排灣郊野公園内にあるマカオジャイアントパンダパビリオンで飼育・展示されているつがい、オスの開開(Kai Kai)=7歳とメスの心心(Xin Xin)=9歳に双子のオスの赤ちゃんが誕生してからおよそ2ヶ月半が経過した。

 同館を管轄するマカオ政府民政総署(IACM)は9月17日、双子のパンダの名前が「健健(Jian Jian)」と「康康(Kang Kang)」に決定したことを発表。今年8月8日から31日まで実施した一般公募でこの候補名の組み合わせがトップで、2位に4.3倍の大差をつける1117件に上ったという。なお、応募総数は3587人、重複を除く候補名の組み合わせは1718通りあったとのこと。

 生後83日目時点の双子の体重は健健が4115グラム、康康が3335グラムで、いずれも健康状態は良好という。

 現在、マカオジャイアントパビリオンではカイカイのみの展示となっており、母子揃っての一般公開時期はしばらく先になる見通し。

最終更新:9月18日(日)8時57分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。