ここから本文です

強すぎるNZ、2試合残し南半球制覇! 連勝の新記録も見えた

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 9月18日(日)17時17分配信

 南半球の強豪4か国が競うザ・ラグビーチャンピオンシップは、9月17日に第4節の2試合がおこなわれ、世界ランキング1位のニュージーランド代表が地元のクライストチャーチ(AMIスタジアム)にて南アフリカ代表に41-13で快勝し、4勝0敗の勝点20として、2試合を残して早くも優勝を決めた。オーストラリア代表がホームのパース(nibスタジアム)でアルゼンチン代表を36-20で下し、2勝目をあげて2位に浮上したが、首位との勝点差は11で逆転は不可能のため、ニュージーランドの2年ぶりのタイトル獲得が決まった。
 昨年のワールドカップチャンピオンでもあるニュージーランド代表“オールブラックス”はこれで、テストマッチ15連勝となった。

ティアティア氏がサンウルブズ新HCに就任決定! 契約期間は2シーズン

 前半は南アがプレッシャーをかけ、競った。
 18分、WTBブライアン・ハバナが大畑大介(元日本代表WTB)の持つテストマッチ通算世界最多トライ記録(69)に3本差と迫る66トライ目を挙げ、逆転した。
 しかし、リスタートのキックオフで南アのSOエルトン・ヤンチースが捕球を失敗し、ニュージーランドが敵陣深くでのスクラムとなり、このチャンスできっちり得点してすぐに流れを変えた。
 ニュージーランドは27分にも敵陣22メートルライン内スクラムからの攻撃でWTBジュリアン・サヴェアがフィニッシュし、15-10で折り返す。

 前半こそ接戦だったが、ニュージーランドは第3節のアルゼンチン戦でも見せたように、後半に攻撃力を爆発させた。
 48分、スピーディーかつ力強いカウンターアタックで一気にゴールへ迫ると、すばやいパス回しからFBベン・スミスが抜けてスコアラーとなった。
 55分にはSHアーロン・スミスが防御網を切り裂き、初先発のFLアーディー・サヴェアがサポートして追加点。
 64分にはゴール前ですばやく左へ展開してHOデイン・コールズのロングパスを受けたLOサム・ホワイトロックがインゴールに飛び込み、70分にはゴール前スクラムから出たボールをSHのTJ・ペレナラがピックアップしてゴールに持ち込み、計6トライを挙げてライバルに完勝した。

 オールブラックスのテストマッチ連勝記録は「17」がこれまでの最高。今大会の残り2試合はいずれも敵地で、アルゼンチン代表、南アフリカ代表と対戦する。勝ち続ければ、10月22日に地元オークランドでおこなうオーストラリア代表戦(ブレディスローカップ第3戦)で新記録がかかる。

最終更新:9月18日(日)17時17分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]