ここから本文です

台風16号 20日~21日に西日本で大荒れの天気

ウェザーマップ 9月18日(日)6時4分配信

 強い台風16号は、20日から21日にかけて西日本に接近するおそれがある。九州を中心に西日本では、大雨や海は大しけとなって大荒れの天気になる所がありそうで、暴風や高波、大雨への備えが必要となる。

 強い台風16号は、きょう午前3時には与那国島の北の海上にあり、時速10キロの速さで北上している。中心の気圧は950ヘクトパスカルで、暴風域を伴っている。

 台風16号は、今後、進路を北東に変えて東シナ海を進む見込みで、20日から21日には、西日本に接近するおそれがある。台風の接近に伴って、20日から21日は、九州を中心とする西日本では大荒れの天気になるおそれがあり、暴風や高波、大雨に警戒が必要だ。また、湿った空気と前線の影響で、きょうも西日本と東日本を中心に大気の状態が非常に不安定になり、大雨になるおそれがある。

最終更新:9月18日(日)14時1分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。