ここから本文です

G1馬・ニッポーテイオーの「ウン」をお裾分け 馬ふんではがき作り

北海道新聞 9月18日(日)11時0分配信

うらかわ優駿ビレッジで19日

 【浦河】8月に死んだG13勝馬のニッポーテイオーが残した馬ふんを材料に、手作りはがきを作る「ばふんペーパーワークショップ」が19日午前10時半から、うらかわ優駿(ゆうしゅん)ビレッジアエル(西舎)のクラフト館工房で開かれる。

 同町の地域おこし協力隊の辰巳遥さんが代表を務めるばふんペーパープロジェクトの主催。ばふんペーパーは、乾燥させた馬ふんを熱湯で何度も殺菌処理し、パルプと混ぜて作り、はがきや名刺に使う。今回は、ニッポーテイオーが死ぬ前に残した馬ふんではがきを作る。

 事前申し込みが必要で先着10人。参加費ははがき1枚につき1500円(最大2枚)。申し込みは辰巳さん(電)050・7128・7893へ。(斉藤徹)

北海道新聞

最終更新:9月18日(日)11時0分

北海道新聞