ここから本文です

ヤマハが東芝圧倒、サントリーもパナ倒し4連勝! 九州対決はサニックス制す

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 9/18(日) 17:22配信

 プレーオフがない今季のトップリーグで、初優勝を狙うヤマハ発動機と、4季ぶりのタイトル奪取を目指すサントリーが、一歩抜け出した。17日、大会序盤戦ラストとなる第4節の7試合がおこなわれ、ヤマハは同じく3連勝と好調だった東芝との対決を40-6と圧倒し、サントリーは史上初の4連覇を狙うパナソニックを45-15で下して4連勝となった。
 開幕から全勝だったもう1チーム、トヨタ自動車は、神戸製鋼に7-27で敗れ初黒星を喫した。
 NECは豊田自動織機を23-7で下し、今季初勝利。NTTコミュニケーションズは近鉄を18-3で倒して3勝1敗(勝点13)となり、5位に浮上している。クボタはHondaに18-15で競り勝ち、2勝目。コカ・コーラと宗像サニックスの九州ダービーは、サニックスが19-16で制し、今季昇格チームながら3勝1敗(勝点12)と快進撃だ。

パナソニック、早くも2敗。4連覇に陰りも…

 ヤマハはホーム(静岡・ヤマハスタジアム)開幕戦となり、東芝との大一番を制した。今季第1戦ではパナソニックを倒しており、昨季の王者と準優勝チームを撃破したことになる。東芝戦のヤマハはボール支配率66%と上回り、SH矢富勇毅のハットトリックを含む6トライを挙げてボーナスポイントも獲得。強力FW同士による注目のスクラム対決でも、試合が進むにつれてヤマハが威力を発揮した。守っては東芝に1本もトライを許さなかった。
 ヤマハは4勝0敗(勝点19)で首位をキープ。東芝は3勝1敗(勝点13)となった。

 東京・秩父宮ラグビー場ではサントリーがパナソニックに大勝し、勝点5(トライボーナスポイント付き)を獲得した。
 セットプレーの安定もあってゲームをコントロールしたサントリーは前半を17-3で折り返し、後半早々にはフラットパスを受けたPR石原慎太郎がゴールへ力走して追加点。その後、パナソニックにモールで2トライを返され9点差となったが、61分、CTB中村亮土がダブルタックルをぶち破って駆け抜け、リードを広げた。73分にはゴール前のスクラムで優勢となって前進し、FLツイ ヘンドリックがトライ。集中力を切らさなかったサントリーは、試合終了間際には相手落球からのカウンターアタックでSH日和佐篤がフィッシュし、30点差ゲームとなった。
 4連勝のサントリーは勝点18、パナソニックは2勝2敗で勝点10のまま。

 愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で笑ったのは神戸製鋼だった。3連勝のトヨタ自動車を相手に、前半12分にSH梁正秋が走り切って先制し、19分には敵陣22メートルライン内でフェイズを重ねCTB山中亮平が抜けて追加点を挙げた。17-0で折り返し、51分にはFKからの速攻で最後はWTB山下楽平が左隅に飛び込みリードを拡大。54分には相手のラインアウト失敗後、主将のFL橋本大輝が大きくゲイン、FL安井龍太がサポートしてファイブポインターとなり、勝負を決めた。
 トヨタ自動車は75分にWTB和田耕二が1トライを返したが、反撃が遅かった。
 神戸製鋼は3勝1敗(勝点14)で3位に浮上。トヨタ自動車も同数だが、得失点差で4位に後退している。

 福岡・レベルファイブスタジアムでおこなわれた九州ダービーは接戦となった。
 1点ビハインドで折り返したコカ・コーラが43分、カウンターをしたFB吉澤太一のビッグゲインでチャンスとなり、SO山田久寿のキックパスをLOサム・ワイクスが確保してインゴールに飛び込み、逆転した。しかしサニックスは4分後、CTBアヒオ シリバのインターセプトトライですぐに流れを変え、52分にはFB田代宙士の鋭いロングパスを受けたWTBアンドリュー・エブリンハムが左隅にフィニッシュし、19-11。コカ・コーラは59分にモールで得点し、3点差に詰めたが、同点チャンスだった78分のPGをCTBティモシー・ラファエレが外し、サニックスが僅差で熱闘を制した。

 トップリーグは次週末は休みとなり、第5節の試合は9月30日~10月2日に東京、大阪、京都、山梨、福岡でおこなわれる。

最終更新:9/18(日) 17:22

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)