ここから本文です

本玉真唯がWTAツアー初参戦で予選1回戦初勝利 [東レPPOテニス]

THE TENNIS DAILY 9/18(日) 8:00配信

「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/予選9月17~19日、本戦9月19~25日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート)の予選1回戦が行われた。

本戦ドローが決定、土居美咲と大坂なおみが1回戦で対戦 [東レPPO]

 日本勢は、第3シードの日比野菜緒(LuLuLun)がストレート勝ちを収めるが、そのほかの選手は苦戦。ワイルドカード(主催者推薦枠)での出場となった内藤祐希(TEAM YONEZAWA)、村松千裕(吉田記念テニス研修センター)、宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)はそろってストレート負け。瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)も第8シードのアレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)に敗れた。

 この日唯一の日本人対決は、加藤未唯(佐川印刷)が昨年の全日本覇者である桑田寛子(島津製作所)に競り勝った。第1セットは加藤が6-1で圧勝も、第2セットは桑田が本来の力を発揮。5-3から4ゲーム連続で奪い、ファイナルセットに持ち込んだ。第3セットも競った展開となったが、加藤が3-4から3連続ゲームで激闘を制した。

 ワイルドカードで唯一1回戦を突破したのは本玉真唯(S.ONE)。「2、3日前、都内で合宿中に出場を知らされた」という本玉は、アビゲイル・スピアーズ(アメリカ)と対戦。

 スピアーズはキャリアハイが世界ランク66位(2005年6月)で、35歳のベテラン。本玉は「今まで対戦した中で一番速く、コースも厳しかった」という強烈なサービスに序盤は振り回されたが、徐々に対応した。

 巧みな予測と鋭いステップでサービスを返してラリーに持ち込むと、機動力の差を見せつけて徐々にリズムをつかむ。第1セットは3-5から4ゲームを連取して奪った。

 第2セットはよい流れのまま2度ブレークし、6-3で取ってストレート勝ちを収め、初のWTAツアー参戦での勝利を挙げた。「後悔のないように試合をしようと思った。(第1セットでリードされていたとき)スコアが頭に入ってなくて、自分のテニスだけに集中したらよくなり、相手にミスも出て挽回できた」と試合の大きなポイントとなった場面を振り返った。

 明日18日の予選2回戦での加藤との対戦については「相手はスピンをかけてくるので、自分の好きなタイミングでボールに入っていけると思う」と自信をのぞかせる。

 なお、青山修子(近藤乳業)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)が「橋本総業 ジャパン・ウイメンズオープン」のダブルス決勝が夕方までずれ込んだため、青山対尾崎里紗(江崎グリコ)と二宮対今西美晴(島津製作所)の東レPPO予選1回戦は、明日18日11時開始に延期された。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

【日本人選手予選1回戦結果】

●5内藤祐希(TEAM YONEZAWA)[WC] 1-6 2-6 ○6ダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)

●7瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)1-6 2-6 ○8アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)[8]

●14村松千裕(吉田記念テニス研修センター)[WC] 4-6 6-4 3-6 ○13アリシア・ロソルスカ(ポーランド)

○17日比野菜緒(LuLuLun)[3] 6-3 6-4 ●18シュー・イーファン(中国)

●20宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)[WC] 0-6 3-6 ○19リー・ヤーシュエン(台湾)

○26加藤未唯(佐川印刷) 6-1 5-7 6-4 ●25桑田寛子(島津製作所)[9]

○27本玉真唯(S.ONE)[WC] 7-5 6-3 ●28アビゲイル・スピアーズ(アメリカ)

(テニスマガジン/編集部◎池田晋)

最終更新:9/18(日) 8:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。