ここから本文です

先発の座はいただき!? レスター、岡崎のライバルFWがリーグデビュー戦で2ゴール

theWORLD(ザ・ワールド) 9月18日(日)1時0分配信

岡崎は出番なし

プレミアリーグ第5節、キングパワースタジアムでは、レスターとバーンリーのゲームが行われた。レスターはGKシュマイケルが練習中の負傷により一時離脱し、ツィーラーが先発。前線にも岡崎慎司ではなく、新加入のスリマニが先発し、プレミアデビューとなった。

立ち上がりから押し気味に試合を進めるのはホームのレスター。しかし、幾度かのチャンスを得点に結びつけることができず、しだいにバーンリーに余裕が生まれはじめる。レスターはボールの落ち着かせどころがなく、やや単調な攻めに終始。25分には右サイドを抜け出したマフレズがドリブルで持ち込みチャンスとなるが、右で打ったシュートはGKヒートンにセーブされる。

注目のスリマニは、33分にタメをつくるプレイからドリンクウォーターにスルーパスを通し、チャンスを演出。42分にもカウンターからきわどいシュートを放った。ポストプレイを見せる場面もあり、前線のひとつの“当てどころ”として機能させる意図がうかがえた。

バーンリーは37分にドフールがフリーでヘディングを放つが、これはGKツィーラーの正面。その直後には、ゴール前に走ってきたマフレズがヘディングで合わせレスターの決定機となるが、シュートはギリギリで左へ外れていった。前半はスコアレスで折り返すかと思われたが、アディショナルタイムに新加入のストライカーが大きな仕事を果たす。左サイドで得たFKをフクスが正確に中へ送り、それを豪快に頭で合わせたのはスリマニ。レスターは前半を1-0で折り返すことに成功する。

さらに、後半開始早々にまたもゲームが動く。バーディからのスルーパスを右サイドで受けたマフレズが折り返すと、ボックス内に入ってきたバーディがボールをそらし、そこをスリマニが頭で叩く。これが決まってレスターはリードを広げた。

バーンリーはヴォークスなどを投入し打開を図るが、攻撃にリズムは生まれない。78分にはマフレズに縦への突破を許すと、ミーが出した足に当たってゴールへ収まりオウンゴール。さらにリードは広がってしまう。

81分にはバーンリーのFKが壁に当たり、コースを変えてゴールへ向かうがGKツィーラーがファインセーブ。守護神の活躍もあり、レスターは無失点で試合を終えることに成功し、ホームで勝点3を得た。


[メンバー]
レスター:ツィーラー、フクス、モーガン、フート、シンプソン、アマーティ、ドリンクウォーター(→キング 79)、オルブライトン、マフレズ(→グレイ 85)、スリマニ、バーディ

バーンリー:ヒートン、ウォード、ミー、キーン、ロウトン、マーニー、ヘンドリック、ドフール(→ヴォークス 64)、アーフィールド(→グズムンドソン 57)、ボイド、グレイ(→バンフォード 79)

[スコア]
レスター 3-0 バーンリー

[得点者]
レスター:スリマニ(45+、48)、オウンゴール(78)



http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月18日(日)1時0分

theWORLD(ザ・ワールド)