ここから本文です

ホンネ告白! 私がモテないこれだけの理由/女性編

TOKYO FM+ 9/18(日) 12:00配信

以前「私がモテない理由/男性編」として、自分がモテない理由を把握している人や、ちょっと勘違いしている人などのいろいろなエピソードをご紹介しました。今回は、その女性編。なぜだか男性に距離を置かれてしまっている女性には、どんな傾向があるのでしょうか? TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」の9月14日の生放送では、パーソナリティをつとめる、たかみなが、「ホンネ告白! 私がモテないこれだけの理由/女性編」に寄せられたメッセージについて答えてくれました。

美人なのに、なぜかモテない。そんな女性っていますよね。自分を美人だと自覚している人には、何か独特のオーラが出てしまっているようです。

「正直モテるほうだと思いますが、『このレベルじゃ嫌!』と選んでいるうちに、彼氏いない歴がどんどん更新されています。最近は謙虚になり、以前にでは考えられなかったタイプの男性にもアプローチしていますが、なぜかうまくいかなくて……」

本当に謙虚になったのでしょうか? すでにコメントが上から目線な気もします。
これには、たかみなも「これね、 “前で以前には考えられなかったタイプ”って言ってる時点で、謙虚じゃないですからね」とズバリ! 同感です。

「セレブモデルのファッションやメイクはいつもチェック。まつげエクステ、ネイル、全身脱毛にエステ……これだけやっているのに、なぜか彼氏ができない。相談した女友達に『女子力が高すぎて逆に怖い!』と言われましたが、自分磨きの何がいけないの?」

これは、見た目だけにこだわっている女性が陥りやすい状況かもしれませんね。美人という自覚がある女性は、自分自身が気付かないうちに高飛車になっているようです。
このコメントにたかみなは「これはね、言っちゃダメなのよ! 私の見解だと。これやってます、あれやってますって言っちゃうと男子は、この子お金かかりそうって思っちゃうんだよね。美意識は隠したほうがいい!」とアドバイスしていました。

逆に、自分のルックスに自信がなくいじけてしまっている「卑屈女子」もいます。

「私はぽっちゃり系。いえ、ぽっちゃりの境界線を年とともに超えてしまい、今やただのデブ……。何を着ても似合わないし、ダイエットも成功しないし。もう若くないからモテるはずもないし。最近は、好きなものを好きなだけ食べている時間が一番です」

「痩せてて胸が貧相だから……。よく言えばモデル体型、悪く言うと貧乳。元カレに“当たると痛い”と言われてから、ずっとコンプレックスです。パッドを入れてもイザとなればどうせバレるし。けっきょく女の子は、おっぱいが大きい子がモテるんだと思います」

気持ちはわかりますが、コンプレックスに負けて、いじけてしまっていては、いつまでたっても「非モテ」から抜け出すことはできないかもしれません。

優しくて従順、というのはモテる女性の条件のような気がしますが、度が過ぎると「非モテ」に繋がってしまうよう。

「好きな人のいうことはすべて受け入れるようにしています。もともと自分の我を出すことが苦手だし、デートの場所も相手におまかせ。全部、彼の言うことを聞いていたのに、またフラれてしまいました」

何を言っても“のれんに腕押し”、YESばかりの女性は飽きられてしまうことが多いのかも。また、男性を思いすぎるあまりに「ドン引き」された、こんなパターンも。

「彼がいつも会社でコンビニのご飯ばかり食べているので、お弁当を作って持っていったんです。身体のために栄養のバランスも考えて、毎日渡していたんですが、ある日その彼から『付き合ってもいないのに、こういうのは困る……正直迷惑』と言われました。お弁当を受け取ってくれたから両想いだと思っていたので、ショックでした」

「女子力の高いところを見せよう」と思ってやったことかもしれませんが、意識していない女性にいきなりここまでのことをされたら、男性はドン引き。距離感の詰め方は気をつけたいものです。
ですが、たかみなは「切ない~。男性側からしたら、なんで毎日お弁当作ってくれるんだろう?って思ってたんだろうね。でも思うなら、最初に言ってよって感じですよね。たぶん最初は食べたんでしょ?」と男性側にも否があるという意見。確かに最初に言ってほしいですね!

ほかにも、「遊んでないのに、見た目で遊んでそうと言われます。顔立ちがハデだから!? 日焼けしてて、キラキラしたものが好きだから? 最近のあだ名はパリピです」など、見た目と中身のギャップに苦しむ女性もいるようです。
たかみなは「これ、つらいわ! このあだ名ではモテないよね、だって(遊んでないのに)パリピなんだもん。パリピがひとえに悪いとは言いませんけどね」と、やや同情気味。

「昔から面倒見のいい長女気質の性格のため、おせっかいをやいてしまうのに年上好き。先日、みなみちゃんが、男の人には姉の立場になるより妹になったほうがいいと言っているのを聞いて、確かに!と納得しました」
このメッセージには「私も弟がいるので普通に長女気質だからわかるな~。お姉さんを通り越してお母さんみたいになっちゃうから、気を付けないといけないですよね」と共感していました。

また、男性リスナーからはこんな意見が。
「彼氏と別れたり離婚したからといって、急に連絡を取ってくる女性。自分が幸せなときにはそっけなく、友達づきあいすらしようとしないのに、いざ自分がひとりになると必死。自分が幸せなときにほかの男性を雑に扱う女性は、イメージが悪いです」
これには、たかみなも「これは、あるあるじゃないですか~! あからさますぎる態度だと確かにイメージは良くないですよね。恋人ができると急にそっけないのは……友人関係もある程度大事にしてもらわないとね。でも、男性側の意見ちょっとコワイな~(笑)」とコメント。意外と男性は見ているようですよ。

男性編と同じく、自分自身の「非モテ」の本当の理由に気付くのは難しいもの。ですが、どちらも基本は「相手側の立場に立って考えられない」「客観的に自分を見ていない」ことが原因のような気がしますね。

(TOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」)

文/岡本清香

最終更新:9/18(日) 12:00

TOKYO FM+