ここから本文です

レーガン元米大統領ゆかりの品々、競売に

AFPBB News 9月18日(日)10時29分配信

(c)AFPBB News

【9月18日 AFP】ベルリンの壁(Berlin Wall)の一部からカウボーイブーツ、瓶詰のゼリービーンズまで――故ロナルド・レーガン(Ronald Reagan)元米大統領ゆかりの品々が来週、米ニューヨーク(New York)のクリスティーズ(Christie's)で競売にかけられる。落札予想価格は200万ドル(約2億500万円)。

 この競売にはレーガン氏が第40代米大統領在任時にホワイトハウス(White House)で使用していた品々や、2004年に亡くなるまで、今年3月に死去した妻ナンシー(Nancy Reagan)夫人と暮らしたロサンゼルス(Los Angeles)郊外ベルエア(Bel Air)の自宅で使用していた品々が出品される。

 調度品からハリウッド(Hollywood)俳優時代の思い出の品、ディナー用食器類一式など、競売にかけられる品々は700点以上。その中には他に、故フランク・シナトラ(Frank Sinatra)やマーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)元英首相といった著名人からの贈り物も含まれている。16日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9月18日(日)10時29分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。