ここから本文です

レーガン元米大統領ゆかりの品々、競売に

AFPBB News 9/18(日) 10:29配信

(c)AFPBB News

【9月18日 AFP】ベルリンの壁(Berlin Wall)の一部からカウボーイブーツ、瓶詰のゼリービーンズまで――故ロナルド・レーガン(Ronald Reagan)元米大統領ゆかりの品々が来週、米ニューヨーク(New York)のクリスティーズ(Christie's)で競売にかけられる。落札予想価格は200万ドル(約2億500万円)。

 この競売にはレーガン氏が第40代米大統領在任時にホワイトハウス(White House)で使用していた品々や、2004年に亡くなるまで、今年3月に死去した妻ナンシー(Nancy Reagan)夫人と暮らしたロサンゼルス(Los Angeles)郊外ベルエア(Bel Air)の自宅で使用していた品々が出品される。

 調度品からハリウッド(Hollywood)俳優時代の思い出の品、ディナー用食器類一式など、競売にかけられる品々は700点以上。その中には他に、故フランク・シナトラ(Frank Sinatra)やマーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)元英首相といった著名人からの贈り物も含まれている。16日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9/18(日) 10:29

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。