ここから本文です

Bリーグ22日開幕!注目のトヨタグループ系列対決も

ニュースイッチ 9月18日(日)14時25分配信

「シーホース三河」VS「アルバルク東京」の初対決は来年1月28日

 9月22日に開幕する新たなプロバスケットボール「Bリーグ」1部で注目されるカードの一つがトヨタの系列対決だ。

 トヨタ自動車は、男子バスケットボールチームを運営する新会社「トヨタアルバルク東京」を設立し、所属するクラブ「アルバルク東京」として参戦する。トヨタが90%出資し、会長にスポーツ好きの豊田章男トヨタ社長が就くことからも並々ならぬ意欲が伝わってくる。

 豊田会長は「クラブが目指す『強いクラブ』『地域に愛されるクラブ』となるよう、トヨタとしてもしっかりとバックアップしていく」と話す。

 クラブの前身である「トヨタ自動車アルバルク」は過去15年間でリーグ優勝4回、天皇杯優勝2回。最終2015―16シーズンではリーグ史上最高勝率を記録。Bリーグでも優勝候補の一角だ。

 一方のトヨタの有力グループ会社のアイシン精機。男子バスケットボールチームのマネジメント会社を5月に設立、アイシンが50%がグループ12社が50%を出資した。チーム名も「アイシンシーホース三河」から企業名を取った「シーホース三河」に変更したが、ホームスタジアムは地元の愛知県刈谷市だ。

 アイシンの男子バスケットチームはリーグ優勝6回、天皇杯優勝9回とこちらも強豪。優勝を争った「NBL2015-16」は準優勝、今年1月の天皇杯は優勝している。鈴木秀臣社長は「スポーツマネジメントとしてエンターテインメント性も追求する」と意気込む。

 「シーホース三河」VS「アルバルク東京」の注目の初対決は来年1月28日に刈谷市のウィングアリーナ刈谷で開催される。

 「Bリーグ」は「Jリーグ」とまた違った形で企業スポーツがプロ化へ進化していくのか。その過程でトヨタグループの役割は非常に大きい。

最終更新:9月18日(日)14時36分

ニュースイッチ