ここから本文です

来年のGalaxy S8は全モデルがデュアルエッジディスプレイに?

ギズモード・ジャパン 9月18日(日)19時40分配信

より高級感が高まりそうです。

両サイドがツルッと落ちたデュアルエッジディスプレイといえば、Samsung(サムスン)のハイエンドスマートフォンでお馴染みのデザイン。Galaxy edgeシリーズや最新のGalaxy Note 7に搭載されています。

ところが、来年登場するGalaxy S8は全モデルにデュアルエッジディスプレイが搭載されるかもしれないんです。以前もGalaxy S8は、4K解像度ディスプレイが搭載されるかもしれないなどとうわさされており、どのような機能やデザインが盛り込まれるのか楽しみなモデルですね。

韓国紙のKorea Heraldは、SamsungはGalaxy S8に5.1インチモデルと5.5インチモデルを準備していると伝えており、その両方にデュアルエッジディスプレイが採用されるというのです。考え方によっては、大型なedgeシリーズがS8のラインナップに取り込まれるともいえますね。

なお、Samsungでは通常、Noteシリーズで先進的なデザインや機能を搭載し、その技術をSシリーズに取り入れる…という手法をとっています。すでに最新のGalaxy Note 7にはデュアルエッジディスプレイを標準搭載しているので、次期モデルのGalaxy S8が全モデルでデュアルエッジディスプレイになっても驚くことではないかもしれませんね。

一方SamsungのライバルとなるApple(アップル)は、2017年の新型iPhoneにて大幅にデザインを変更し、デュアルエッジ(曲面)ディスプレイを搭載したモデルが登場するとうわさされています。

デュアルエッジディスプレイでは、Appleの一歩先を行くSamsung。Galaxy S8の登場で、「デュアルエッジくらい当たり前ですが?」とアピールしてくるのかもしれません。見た目麗しいデュアルエッジディスプレイですが、はたして今後のスマホのトレンドになるのでしょうか?

source: 9to5Google

(塚本直樹)

最終更新:9月18日(日)19時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]