ここから本文です

来年のGalaxy S8は全モデルがデュアルエッジディスプレイに?

ギズモード・ジャパン 9/18(日) 19:40配信

より高級感が高まりそうです。

両サイドがツルッと落ちたデュアルエッジディスプレイといえば、Samsung(サムスン)のハイエンドスマートフォンでお馴染みのデザイン。Galaxy edgeシリーズや最新のGalaxy Note 7に搭載されています。

ところが、来年登場するGalaxy S8は全モデルにデュアルエッジディスプレイが搭載されるかもしれないんです。以前もGalaxy S8は、4K解像度ディスプレイが搭載されるかもしれないなどとうわさされており、どのような機能やデザインが盛り込まれるのか楽しみなモデルですね。

韓国紙のKorea Heraldは、SamsungはGalaxy S8に5.1インチモデルと5.5インチモデルを準備していると伝えており、その両方にデュアルエッジディスプレイが採用されるというのです。考え方によっては、大型なedgeシリーズがS8のラインナップに取り込まれるともいえますね。

なお、Samsungでは通常、Noteシリーズで先進的なデザインや機能を搭載し、その技術をSシリーズに取り入れる…という手法をとっています。すでに最新のGalaxy Note 7にはデュアルエッジディスプレイを標準搭載しているので、次期モデルのGalaxy S8が全モデルでデュアルエッジディスプレイになっても驚くことではないかもしれませんね。

一方SamsungのライバルとなるApple(アップル)は、2017年の新型iPhoneにて大幅にデザインを変更し、デュアルエッジ(曲面)ディスプレイを搭載したモデルが登場するとうわさされています。

デュアルエッジディスプレイでは、Appleの一歩先を行くSamsung。Galaxy S8の登場で、「デュアルエッジくらい当たり前ですが?」とアピールしてくるのかもしれません。見た目麗しいデュアルエッジディスプレイですが、はたして今後のスマホのトレンドになるのでしょうか?

source: 9to5Google

(塚本直樹)

最終更新:9/18(日) 19:40

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]