ここから本文です

「福島踊屋台」練り歩く! 14年に復活、威勢のいい掛け声響く

福島民友新聞 9月18日(日)11時3分配信

 福島市の復興のシンボルとして2014(平成26)年に復活した「福島踊屋台」の巡行が17日、同市の中心市街地で行われ、「わっしょい。わっしょい」との子どもたちの威勢のいい掛け声が響いた。NPO法人福島踊屋台伝承会の主催。

 福島稲荷神社を発着点にJR福島駅前などを巡る約2キロのコースを、児童約100人が軽快なおはやしに合わせて練り歩いた。踊屋台の2階部分では着物姿の子どもが舞踊を披露、市民の注目を集めた。

 引き手として参加した松川小3年の二瓶知樹君(9)は「重く感じる時もあったけど、楽しかった」と笑顔で話した。

福島民友新聞

最終更新:9月18日(日)11時3分

福島民友新聞