ここから本文です

ウクライナがシングルスでメンバー変更 [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月18日(日)11時37分配信

 デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ウクライナ」(9月16~18日/大阪・靭テニスセンター)の大会3日目はシングルス2試合が行われるが、ウクライナがメンバーを2試合とも変更した。

錦織と杉田が決めた!日本3連勝でワールドグループ残留が確定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ウクライナ]

 日本は予定通り、シングルス第1試合にダニエル太郎(エイブル)、第2試合に西岡良仁(ヨネックス)だが、ウクライナは第1試合をイリヤ・マーチェンコからアルテム・スミルノフ(単321位)に、第2試合をスミルノフからダニロ・カレニチェンコ(単657位)に変更した。

 すでに3勝0敗と日本の勝利が決まっているため、シングルス2試合は3セットマッチで行われる。シングルス第1試合のスタートは11時だが、会場は現在、雨が降り、試合開始が遅れることが予想される。

     ◇   ◇   ◇

ワールドグループ・プレーオフ 日本 3-0 ウクライナ

9月16日(金)

第1試合 ○ダニエル太郎(エイブル/単88位)7-6(4) 7-6(2) 6-1 ●セルゲイ・スタコウスキー(単105位)

第2試合 ○西岡良仁(ヨネックス/単96位)6-4 5-7 6-4 7-5 ●イリヤ・マーチェンコ(単50位)

------------

9月17日(土)

第3試合 ○錦織圭(日清食品/複818位T)/杉田祐一(三菱電機/複640位)6-3 6-0 6-3 ●アルテム・スミルノフ(複1118位)/セルゲイ・スタコウスキー(複344位)

------------

9月18日(日)

第4試合 ダニエル太郎(エイブル/単88位)vs アルテム・スミルノフ(単321位)

第5試合 西岡良仁(ヨネックス/単96位)vs ダニロ・カレニチェンコ(単657位)

※文中の世界ランキングは9月12日付

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9月18日(日)11時37分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]