ここから本文です

ウクライナがシングルスでメンバー変更 [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9/18(日) 11:37配信

 デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ウクライナ」(9月16~18日/大阪・靭テニスセンター)の大会3日目はシングルス2試合が行われるが、ウクライナがメンバーを2試合とも変更した。

錦織と杉田が決めた!日本3連勝でワールドグループ残留が確定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ウクライナ]

 日本は予定通り、シングルス第1試合にダニエル太郎(エイブル)、第2試合に西岡良仁(ヨネックス)だが、ウクライナは第1試合をイリヤ・マーチェンコからアルテム・スミルノフ(単321位)に、第2試合をスミルノフからダニロ・カレニチェンコ(単657位)に変更した。

 すでに3勝0敗と日本の勝利が決まっているため、シングルス2試合は3セットマッチで行われる。シングルス第1試合のスタートは11時だが、会場は現在、雨が降り、試合開始が遅れることが予想される。

     ◇   ◇   ◇

ワールドグループ・プレーオフ 日本 3-0 ウクライナ

9月16日(金)

第1試合 ○ダニエル太郎(エイブル/単88位)7-6(4) 7-6(2) 6-1 ●セルゲイ・スタコウスキー(単105位)

第2試合 ○西岡良仁(ヨネックス/単96位)6-4 5-7 6-4 7-5 ●イリヤ・マーチェンコ(単50位)

------------

9月17日(土)

第3試合 ○錦織圭(日清食品/複818位T)/杉田祐一(三菱電機/複640位)6-3 6-0 6-3 ●アルテム・スミルノフ(複1118位)/セルゲイ・スタコウスキー(複344位)

------------

9月18日(日)

第4試合 ダニエル太郎(エイブル/単88位)vs アルテム・スミルノフ(単321位)

第5試合 西岡良仁(ヨネックス/単96位)vs ダニロ・カレニチェンコ(単657位)

※文中の世界ランキングは9月12日付

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/18(日) 11:37

THE TENNIS DAILY