ここから本文です

廃店舗に白骨化した遺体 「死体見た」興味本位で訪れ発見/春日部

埼玉新聞 9/18(日) 22:03配信

 17日午後3時15分ごろ、埼玉県春日部市新方袋、廃店舗2階で、白骨化した遺体が倒れているのを、訪れた男性(64)が発見し110番した。

 春日部署によると、遺体は性別不明。四つに区切られた座敷の一角にあおむけで倒れており、人が生活していたような跡があった。廃店舗は2階建て。1階でラーメン店、2階で焼き肉店を経営していたが、両店ともに約20年前に閉店したとみられている。

 廃店舗の前にはフェンスがあったが、損壊していた外壁の隙間から誰でも入れる状態だった。男性は知人男性(64)から「(廃店舗で)3~4年前に死体を見た」と聞き、興味本位で知人男性と共に廃店舗を訪れたところ、遺体を発見したという。

 遺体は死後数年が経過しているとみられ、同署で店舗の所有者や遺体の死因、身元を調べている。

最終更新:9/19(月) 6:11

埼玉新聞