ここから本文です

内戦の傷から再建、アフガン唯一の動物園

AFPBB News 9/18(日) 13:30配信

(c)AFPBB News

【9月18日 AFP】アフガニスタンの首都カブール(Kabul)の中心部に、同国唯一の動物園、カブール動物園(Kabul Zoo)がある。

 1992~1995年の内戦以前、この動物園では珍しい動物が数多く飼育されていた。だが、戦闘のさなかに迫撃砲の砲弾数発が動物園を直撃し、動物のほとんどは死んだり逃げ出したりした。残ったのは、子どもたちに棒でたたかれて鼻を負傷したクマ1頭、わずかばかりのサル、猛禽類、1992年に手投げ弾の爆発で視力を失った人気ライオンの「マラヤン(Marjan)」だけだった。

 また、ヒツジやヤギなどのおとなしく、比較的小型の動物たちの多くは食料として盗まれた。さらに、貴重な鳥などの珍しい動物たちは闇市で売買されたり、国外へ密輸されたりした。

 以来カブール動物園はゆっくり、苦しみながらも再建を進め、現在飼育している個体数は約600に上る。その多くはインドや中国などから贈られたものだ。7月12日、16日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9/20(火) 16:50

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]