ここから本文です

ナダル組が逆転勝利で、スペインWG復帰<男子テニス>

tennis365.net 9月18日(日)19時17分配信

デビスカップ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)スペイン対インド(インド/ニューデリー、ハード)は17日にダブルスが行われ、R・ナダル(スペイン)/ M・ロペス(スペイン)組がL・パエス(インド)/ S・ミネニ(インド)組を4-6, 7-6 (7-2), 6-4, 6-4の逆転で下し、最終日を待たずして2017年のワールドグループ復帰を決めた。

ナダル/ ロペス組は、先月行われたリオデジャネイロ・オリンピック男子ダブルスで金メダルを獲得していたが、この日は第1セットを奪われると、続く第2セットもゲームカウント4-5とリードを許す苦しい展開だった。しかし、そこからそのセットを奪うと流れはスペイン・ペアへ傾き、スペインが3勝0敗でプレーオフを制した。

このところ苦しめられていた手首の怪我を考慮して初日のシングルスへの起用が見送られていたナダルは「この2年間、ワールドグループから離れていた我々スペイン・チームにとって、とても大切なものだった」と今回の対戦の大切さを語っていた。

初日の16日に行われたシングルスでは、D・フェレール(スペイン)がミネニ、ナダルに代わって出場したF・ロペス(スペイン)がR・ラマナタン(インド)を下し、スペインへ2勝をもたらしていた。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:9月18日(日)19時17分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]