ここから本文です

モイーズがプレミアで1番難しい仕事をしてる 「サンダーランドではペップやモウリーニョですら……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月18日(日)14時10分配信

陣容が不十分だと指摘される

開幕から4試合戦って1勝3分。デイビッド・モイーズ率いるサンダーランドは今季まだ白星がない。前節もエヴァートンに0-3で敗れており、順位は19位だ。

この現状について解説者のジェイミー・レドナップ氏は、モイーズが気の毒だとコメントしている。英『Sky SPORTS』によると、レドナップ氏はサンダーランドの陣容がプレミアリーグを戦い抜くには不十分だと指摘。モイーズにはどうすることもできないはずだと語った。

「私はモイーズを本当に気の毒に思うよ。個人的にはモイーズが今のプレミアリーグで最も難しい仕事をしていると思う。彼らは良い選手を獲得できなかったし、負傷者もいる。さらに市場閉幕間際には選手を売却してもいる。陣容は十分ではないよ。モイーズは良い指揮官だが、彼らに何を期待できる?グアルディオラやモウリーニョですらサンダーランドの陣容で何かをするのは難しいと思うね」

モイーズはマンチェスター・ユナイテッドで指揮官としての評価を落としたものの、エヴァートン時代も含めプレミアリーグでの経験は十分だ。しかしレドナップ氏は選んだクラブがまずかったともコメントしており、サンダーランドではモイーズの評価を高めることは難しそうだ。

18日には昨季3位に入ったトッテナムと対戦する予定となっているが、開幕から5試合連続白星なしとなる可能性も大いにありそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月18日(日)14時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]