ここから本文です

元NMB福本愛菜「絶対AKBの方が遊んでる」「NMBは真面目でした」

MusicVoice 9月18日(日)19時40分配信

 元NMB48の“あいにゃん”こと福本愛菜(23)が17日、読売テレビ『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(毎週土曜ひる11時55分)に出演。司会の今田耕司から「大阪なんかやりたい放題やったんちゃうの? 東京のAKBに比べたら」と恋愛事情について指摘され、「絶対AKBの方が遊んでるでしょう」と切り返した。この衝撃的な発言に共演陣はどよめいた。

 この日の放送では、「独身美女の最新ニュース」とのコーナーや、元シブがき隊の布川敏和が当時の内緒話を打ち明けるなど恋愛ネタで大盛り上がり。

 その中で、福本は「この間ね、初めて口説かれたんですよね。ほんこんさんに」と明かした。同じく出演していた、ほんこんは「おまえ、ちゃんとしゃべれよ」とツッコミ。福本は続けて、「さっきも楽屋挨拶にうかがわせてもらって、この間はありがとうございました、今日もよろしくお願いします」と挨拶したら、ほんこんから「お前抱いたろか?」と言われたという。福本は「一言目からそれやったから」と驚きの表情で振り返った。

 スタジオが爆笑に包まれる中、司会の今田は「ほんこんさんは万が一狙いがあるから。すんごい弱ってる時やとキュンとなるかもわからへん。それを狙ってもう30年やってはる」と親交の深い同僚芸人をフォローしていた。

 さらに、話題は“恋愛禁止”のAKB48やNMB48に広がった。司会の月亭八光が「あいにゃん、どうなん、NMB時代。恋愛も禁止やん?」と聞かれると、福本は「恋愛禁止でしたね」と答え、門限などもあったのかと問われると、「そんな決まりはなかったですね、みんな実家暮らしだったので」と否定した。

 そして、今田が「大阪なんかやりたい放題ちゃうの? 東京のAKBに比べたら絶対、マスコミの目も薄いやん」とストレートに質問をぶつけると、「いや、そんなん絶対AKBの方が遊んでるでしょう」と衝撃の発言。共演陣はいちように驚き、スタジオがどよめく中、福本のノリの良さに今田は「あいにゃん、いいねえ」とフォロー。福本は「NMBは真面目でしたよ」とも付け加えていた。

 福本は、2010年にNMB48の『オープニングメンバーオーディション』に合格。翌年のNMB48劇場のこけら落し公演で、選抜メンバー16人の1人として出演、劇場デビューを果たした。2012年開催のAKB48選抜総選挙では43位に。2013年7月に同グループから卒業し、現在は吉本新喜劇の研究生などタレント活動を続けている。

最終更新:9月18日(日)19時40分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。