ここから本文です

日ハム・レアード、攻守で存在感 ファウルゾーンで好捕&リーグトップ37号

Full-Count 9月18日(日)15時32分配信

4回に涌井から左翼へソロ弾

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が18日のロッテ戦(札幌ドーム)でファインプレーと豪快アーチで球場を沸かせた。

タイトル争いの行方は…NPB各部門の個人成績一覧

 まずは守備だ。1点リードした直後の4回2死一塁。金澤の打球は三塁ファウルゾーンへ上がった。三塁後方、フェンスのギリギリの打球に落下点まで一直線。最後は左手グラブを伸ばして好捕し、三邪飛とした。満員のスタンドの声援を独り占めにした。

 今度は打撃。4回先頭で打席に入ると、フルカウントから涌井の高めを振り抜いた。左翼席ギリギリに入るリーグトップの37号ソロ。5試合ぶりの一発でリードを2点に広げた。

 攻守で2ケタ10勝目を目指す先発の高梨を強力援護した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月18日(日)15時37分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。