ここから本文です

ドダンとデービスが決勝へ [ケベックシティ/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月18日(日)21時8分配信

 カナダ・ケベックシティで開催されている「国立銀行カップ」(WTAインターナショナル/9月12~18日/賞金25万ドル)の女子シングルス準決勝で、若手のオセアン・ドダン(フランス)がジュリア・ボズラップ(アメリカ)を6-4 3-6 6-2で下して決勝に進出した。

マクヘイルがシニアコバを下して優勝 [橋本総業JAPAN WOMEN'S OPEN]

「これは私にとって初めての決勝。初の決勝進出を本当にうれしく思う。ここケベックシティはまるでフランスのようなので、そのことも大いに助けとなっている」と試合後、19歳のドダンは初々しく喜びを表現した。

 細身だが身長183cmの体から繰り出すサービスとアグレッシブなハードヒットプレーを信条とするドダンは、「父(コーチのフレデリク・ドダン)は常にアグレッシブにプレーしなければならないと私に言っている。でも、ときどきナーバスになると攻撃性を失ってしまうことがあるの。スタンドの父を見上げ、父が『行け! 攻撃するんだ!』とでもいうようなジェスチャーをしているのを目にすると、それが助けになり、集中し続けることができるわ」と話した。

 もうひとつの準決勝では、ローレン・デービス(アメリカ)がテレサ・マルティンコバ(チェコ)を6-3 6-7(2) 6-2で下して決勝に駒を進めた。デービスは厳しい試合だったと認めたあとに、「今週のプレーには満足している。体調もよく、プレーを楽しんでいるわ。それがもっとも重要なこと」と話した。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 24: Oceane Dodin of France reacts during the Women's Singles first round match against Ana Ivanovic of Serbia on day three of the 2016 French Open at Roland Garros on May 24, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:9月18日(日)21時8分

THE TENNIS DAILY