ここから本文です

ポグバにメッシのようなトリックは求めてない キャラガー氏が挙げる理想のモデル3選手とは

theWORLD(ザ・ワールド) 9月18日(日)18時20分配信

非常に高度なミッションだが……

今夏マンチェスター・ユナイテッドに加入したMFポール・ポグバは、何を強みとしたMFだったのか。ここ最近のパフォーマンスを見てポグバの最大の長所が分かりにくくなってしまった人もいるかもしれない。

英『Daily Mail』によると、解説を務めるジェイミー・キャラガー氏はポグバにリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドと同じような仕事を求めているわけではないと主張。目指すべきモデルとして元リヴァプールのスティーブン・ジェラード、元チェルシーのフランク・ランパード、マンチェスター・シティのヤヤ・トゥレの3人を挙げた。

「マンUはユヴェントスに史上最高額の移籍金を支払ってポグバを再獲得したけど、ポグバにメッシやロナウド、ベイルのようなトリックをしてもらうためではない。マンUはゲームを支配するMFになると考えて獲得したんだ。今後ポグバの価値を判断するバロメーターとして、ジェラード、ランパード、ヤヤ・トゥレの3人が挙げられるだろう。彼らは得点を奪い、アシストし、試合に勝つ。そしてチームをタイトルに導くんだ。ただ、今ポグバが起用されている位置で3人と同じことをするのは難しいけどね」

ジェラードやランパードは、決してメッシやロナウドほど得点を決めたわけではない。しかし中盤でゲームをコントロールし、パフォーマンスも常に安定していた。攻撃だけでなく守備でも存在感を発揮し、ゲームの流れを読んで攻撃に参加して決定的な働きをする。もしかするとメッシやロナウド以上に難しい仕事かもしれない。

ポグバに求められている仕事は非常に高度だが、いつかジェラードやランパードと並び称される時がくるのか。今のように中盤で2~3人の選手を強引に抜こうとしている間は難しいかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月18日(日)18時20分

theWORLD(ザ・ワールド)