ここから本文です

DeNA、初CSへまた前進 広島に劇的勝利、延長10回にロペスがサヨナラ弾

Full-Count 9月18日(日)20時38分配信

ロペスの2本塁打で勝利、試合終了時点でCSへのクリンチナンバーは「2」

 DeNAが初のクライマックスシリーズ(CS)進出へまた近づいた。18日、本拠地・広島戦に6-3でサヨナラ勝利。5回までノーヒットに抑えられながら、6回に初ヒットから3連打で逆転。9回に守護神・山崎康が同点に追いつかれるも、延長10回にロペスがサヨナラ3ランを放ち、劇的な結末で大きな1勝をつかんだ。

 先制したのは広島。初回、2死三塁でルナはボテボテの一ゴロも、三嶋が一塁へ悪送球。ボールが大きくそれる間に三塁走者の田中が生還した。さらに、5回は松山、エルドレッドのヒットで無死一、三塁とし、會澤がタイムリー。2点目を奪った。
 
 一方、DeNA打線は広島先発・九里を捉えられない。5回まで2つの四球で走者を出したが、ヒットはなし。横浜スタジアムには重い空気が流れていたが、6回に状況が一変する。

 2死から桑原がライトへチーム初ヒットを運ぶと、エリアンがライトへのタイムリーツーベース。桑原が生還して1点差となった。さらに、ロペスはライトへ逆転2ラン。ノーヒットから3連打で試合をひっくり返し、九里をKOした。

 三嶋は7回も続投して1点のリードを守ると、8回は三上が無失点。しかし、9回のマウンドに上がった守護神・山崎康が西川に犠飛を打たれ、同点に追いつかれる。

 試合は延長に突入。10回、2死から桑原が死球で出塁すると、エリアンが大瀬良からレフト前にポトリと落ちるヒットで一、三塁のチャンスに。ここでロペスがレフトスタンドへのサヨナラ3ラン。この試合2本目の本塁打で決着をつけた。球団史上初のCS進出へ、クリンチナンバーはこの時点で「2」となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月18日(日)20時44分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]