ここから本文です

日本テレビ系土曜ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」主題歌のBLUE ENCOUNTニューシングル「LAST HERO」11月23日リリース

E-TALENTBANK 9/18(日) 17:45配信

10月9日に控えた初の武道館公演も、チケット発売日にして即日SOLD OUTという快挙を成し遂げるなど、まさに破竹の勢いで進むブルエンことBLUE ENCOUNT(ブルーエンカウント)。今年に入ってからも「はじまり」「Survivor」「だいじょうぶ」と3枚のシングルをリリースし、どの作品もアンセムとして迎え入れられ、全国各地で行われた夏フェスを席巻し、リスナーを熱狂させたエモーショナルロック・バンドだ。

そんなBLUE ENCOUNTが最新シングル「LAST HERO」を11月23日にリリースすることが発表された。同楽曲は2015年に地上波スペシャルドラマとHulu配信で大ヒットした伝説の“刑事アクションコメディ”『THE LAST COP/ラストコップ』が10月8日より土曜日9時枠にて地上波で新シリーズがオンエアされるにあたり、主題歌として使用されることが決定した! BLUE ENCOUNTらしいソリッドで豪快かつキャッチーなサウンドと、闘志と勇気に満ち溢れる歌詞がリスナーを鼓舞する、まさにブルエン・スピリットを体現するロック・サウンドに仕上がっており、ドラマで主演を務める唐沢寿明扮する熱血な正義感を持つ刑事、京極浩介というキャラクターとのリンクはもちろんのこと、コミカルながら深く熱い愛情が描かれるドラマのイメージにもベストマッチ。期待して10月のオンエアを待とう!

■唐沢寿明(「THE LAST COP/ラストコップ」主演 京極浩介役)コメント
聞くところどころで、全く曲調の違う爽快なハチャメチャ感が、何が起こるかわからないこのドラマを一層盛り上げてくれそうです。
「ラストコップ」との化学反応を楽しみにしています。

唐沢寿明

■田邊駿一(BLUE ENCOUNT)コメント
土曜ドラマ大好き人間としてめっちゃ光栄です。
だからこそブルエン史上、一番悩みました。
だからこそブルエン史上、一番かっこいい曲が生まれました。
京極さんの破天荒な熱さ、亮太の繊細さ
デコボコだけど、その二つが合わさった時に放つ強さ
全部余すことなく音にしました。
信じたものを掲げ続ければ、いつか希望になる
不格好でもいい。挫折してもいい。
それでもなんとか前に進むあなたと僕らは、誰かにとっての「LAST HERO」なんだ。
今回、このお話をいただかなかったら、こんな気持ちとは出会えなかったと思います。
土曜夜9時、一緒にテレビに釘付けになりましょう。

田邊駿一(BLUE ENCOUNT)

■日本テレビ 戸田一也(「THE LAST COP/ラストコップ」プロデューサー)コメント
最初にブルエンの楽曲を聴いた時に、楽曲からほとばしる、とてつもない熱さと、人の心を掴んで離さない、田邊さんの強いメッセージに涙しました。
そして、「ブルエンって、まるで(唐沢寿明さん演じる)京極浩介そのものなんじゃねーの!?」と思わされたのです。
そんな思いを胸に、ワクワクしながらライブに行ったら、そこに、本当に、京極愛用のスタジャンを羽織った田邊さんがいたのです(笑)
「『ブルエン』の熱さと『ラストコップ』の熱さは絶対にシンクロする!」
そう確信しながら待ち続けた主題歌は、疾走感と、激しさと、そして一抹の切なさと、ラストコップが持つ、何でも有りエンターテインメントを音楽で具現化した名曲でした!
ブルエンに出会えて本当にヨカッタ!!

日本テレビ 戸田一也

株式会社イータレントバンク

最終更新:9/18(日) 17:46

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]