ここから本文です

月9ドラマ『好きな人がいること』主題歌のJYが最終回にカメオ出演!

E-TALENTBANK 9月18日(日)9時10分配信

海辺のレストランを舞台にしたロマンチック・ラブ・コメディー“好きな人がいること”は、ドキドキの展開と心ときめくシーンの数々で、この夏、番組公式SNSのフォロワー数165万7千(Instagram 68万9千、Twitter 52万4千、LINE 44万4千、9月16日現在)を超えるなど、SNS世代の視聴者の話題を独占してきた。

そんな話題のドラマの最終回(9月19日21時~放送)に、主題歌『好きな人がいること』を担当する、歌手で女優のJY(知英)が登場することとなった。
JYの『好きな人がいること』は、iTunesなど配信チャートで12冠を達成。8月末に満を持してCD発売されるとBillboard JAPAN HOT 100で3位を記録するなど楽曲もヒットを記録。
蜷川実花が手掛けたMusic Videoも1,323万(9月16日現在)という脅威の再生数を叩き出し話題となっている。

さらに、彼女は女優としても活躍中で、映画“暗殺教室”シリーズや“片思いスパイラル”などでも好演ぶりが認知され、2016年秋のブロードウェイミュージカル“スウィート・チャリティ”ではキュートなダンサー役での主演を務めるなど、活動の舞台を広げ注目を集めている。

そんな人気と実力を兼ね備えたJYが今回“好きな人がいること”最終回で演じるのは、新しいパティシエ・吉岡純。
その名前はJYのイニシャルから命名されたということで、本人もお気に入りだという。
桐谷美玲演じる主人公・櫻井美咲に、大きく揺さぶりをかける重要な役となるが、「いち視聴者としてドラマのファンだったので本当にうれしかったです。実は密かに出られたらいいな!とずっと思っていたので」とJY本人も興奮。
メイク中も山崎賢人と野村周平がJYの曲を歌ってくれたりしたそうで、「美玲さんはじめ、みなさんとても優しくて緊張を解いていただきました」「本当にみなさん仲がいいんだなと思いました。もっと皆さんと一緒にいたかったです」と現場を振りかえった。

株式会社イータレントバンク

最終更新:9月18日(日)9時10分

E-TALENTBANK

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。