ここから本文です

ホントにユアン・マクレガー!? 映画『ジェーン』ヒゲ面で悪役熱演

クランクイン! 9月18日(日)14時0分配信

 ナタリー・ポートマンとユアン・マクレガーの共演による映画『ジェーン』の場面写真が解禁。これまでとは異なる出で立ち、ヒゲ面で悪役を演じるユアン・マクレガーの新たな演技に「2度見必至!」と注目が集まっている。

【関連】2度見必至!「ユアン・マクレガー」場面写真フォトギャラリー


 映画『ジェーン』は、アメリカ西部を舞台にした作品。夫と娘と穏やかに暮らしていたジェーン(ナタリー・ポートマン)であったが、ある日、悪名高き“ビショップ一家”に夫が撃たれてしまう。ビショップ(ユアン・マクレガー)の恐ろしさを知るジェーンは、南北戦争の英雄であった元恋人のダン(ジョエル・ガートン)に相談。瀕死の夫と娘を守るため、戦いへの決意を固めたジェーンは銃を握る。

 今回、3枚の場面写真が解禁。ひげを蓄えたユアンの姿に、マスコミ向けの試写会では「ユアンと言われるまで気づかなかった」「迫力があったので誰かと思ったら、ユアンだったのでびっくりした」と、驚きの声も上がっている。

 情け容赦ないならず者たちのドン、ビショップの印象を「逆らいたくない相手だね。彼には、人を惹きつける魅力があって、欲しいもの手に入れるために巧みに人を操るようなやり方をする。もちろん、本当に言葉通りに魅力的な性格だと思わないけどね」と話すユアン。さらに、悪役を演じたことについて「西部劇に出たくない奴がいる? そして西部劇で悪役をやりたくない奴がいるかい? 悪い奴あるいは良い奴の役を演じるのと何の違いもなく取り組んだよ」と、撮影時を振り返っている。

 映画『ジェーン』は、10月22日より全国ロードショー。

最終更新:9月18日(日)14時0分

クランクイン!

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。