ここから本文です

アロンソ「Q3進出も目指す順位に届かず。それでも“4番手”は諦めてない」:シンガポール土曜

オートスポーツweb 9/18(日) 15:49配信

 2016年F1シンガポールGPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは9位だった。

2016年第15戦シンガポールGP予選 ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)、パンクでストップ

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
フェルナンド・アロンソ 予選=9位

 とりあえず満足している。Q3に進出することが最初の目標だったからね。次の目標は決勝で強さを発揮することだ。

 それでも今日はあまりペースがよくなかった。少し苦しんでおり、今週末は簡単に速さを引き出せる状態にはない。

 でも明日、改善できることを期待している。レース戦略が重要になる。いいスタートを切って、1コーナーに向かってアタックし、1周目を終えるころにいいポジションに立つことができれば、状況が好転するかもしれない。そうなるといいね。

 決勝ではダメージを最小限に抑えることが重要になるだろう。何ができるか見ていくよ。


 だいたい思っていたような位置だけど、トロロッソがここで速いことだけが驚きだ。彼らのマシンは市街地コースに合っている。でもシンガポールより後のグランプリでは、常に彼らの前に立つことができるはずだ。 

 今季残りレースではチームとして速さで4番目の位置に立つことを目指している。明日はトロロッソの前でフィニッシュできるといいね。

(Formula1.comのインタビューで、予選で目標としていた順位を聞かれ)7番手だった。つまり目標には惜しくも届かなかったということだ。そうはいっても、Q3に進むことが重要で、それは達成できた。 

 この市街地コースは僕らのマシンとの相性が完璧とはいえないのだと思う。この後に訪れるサーキットの中には、レイアウトが全く違って、僕らのマシンにかなり合うところがあると思うけれど。

(レースペースの方が期待できるかと聞かれ)そう思う。いい戦略を使えば、今日の予選結果より上に行ける可能性がある。ここは難しいサーキットで、セーフティカーが出る方が普通だから、賢く行動し、チャンスが訪れたときにそれを生かせる場所にいる必要がある。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/18(日) 15:51

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]