ここから本文です

ペレス、ふたつの違反で合計8グリッド降格のペナルティ

オートスポーツweb 9月18日(日)7時50分配信

 フォース・インディアのセルジオ・ペレスが、シンガポールGP予選中、イエローフラッグ下でふたつの違反を犯したとして、合計8グリッド降格のペナルティを言い渡された。

F1最新フォトコーナー

 予選Q2終盤、ロマン・グロージャンがターン10でウォールにヒットし、イエローフラッグが振られた。そのため、その区間で多くのドライバーがペースを落とさざるを得なかったが、ペレスはタイムを改善、Q3に進出し、最終的に10位を獲得した。

 予選後、スチュワードは審議の結果、彼がダブルイエロー下で十分に減速していなかったとして5グリッド降格のペナルティを下すことに決めた。

 さらに、ペレスはイエローフラッグ下でエステバン・グティエレスをオーバーテイクしたことにより、さらに3位降格。合計8グリッドもスターティングポジションを下げられることになった。

 これによりペレスは18番グリッドからスタートすることに暫定的に決まっている(今後、他者のペナルティなどにより変更の可能性あり)。さらに3点のライセンス・ペナルティポイントも与えられた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月18日(日)7時51分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。