ここから本文です

ハミルトン、悲観的「不調の原因が全く分からない。優勝争いできるかどうか…」:シンガポール土曜

オートスポーツweb 9/18(日) 9:39配信

 2016年F1シンガポールGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンは3位だった。

2016年第15戦シンガポールGP ポールポジションを獲得したニコ・ロズベルグ(メルセデス)、

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 予選=3位
 今のところ、今週末はうまくいっていない。いいラップをあまり走れていないんだ。何か特定の理由があるわけじゃない。ただ、うまくまとめることができずにいる。

 問題はターン7だと指摘する人もいるけど、他のコーナーと比べて特別難しいわけじゃない。ブレーキがかなりヘビーで、相当バンピーではあるけどね。プラクティスでサスペンションに問題があって、うまく機能せず、それがブレーキングに影響した。でもそれについては直したし、予選ではブレーキングに関しては問題なかった。

 ニコ(・ロズベルグ)は今日すごい仕事をして、マシンのポテンシャルをきっちりと示した。

 ロングランに関してはよく分析していない。昨日はほとんどできていないから。でもニコがやっているし、僕らのセットアップが少し違うとはいえ、自分が悪い状況にいるとは思わない。実際どうなのかは明日分かるよ。

 今年は大部分のレースで劣勢の状態で戦ってきた。だから特に珍しい状況ではない。ここから自分ができることをする。ここはオーバーテイクが難しいけれど、戦略で正しい判断をしたと思うしね。レッドブルはスーパーソフトでスタートして、僕らより長く走るだろうが、ニコはポールからレースをコントロールしていくから、追い抜くのは簡単ではないと思う。どうなるかは明日になれば分かるよ。

(チームメイトから0.7秒も遅れたことに関し)正直言って、説明できないんだ。今のところ自分でも理由が分からないから。いくつかの要因が重なって問題につながっているのかもしれない。でも分からない。

 このポジションを維持することはできるだろうし、ダニエル(・リカルド)を抜くことも可能だろう。ピットストップを使ったり、セーフティカーを利用すればね。ここでポジションを上げるにはそれしか方法がない。スタートで前に出ることを目指すけど、それができなければ、ぴったり後ろについていくしかない。でも彼らのタイヤの方が長持ちするし、ダウンフォースも大きいから、かなり手強いね。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/18(日) 9:39

オートスポーツweb

なぜ今? 首相主導の働き方改革