ここから本文です

リカルド「ポールでなくても十分うれしい。SSスタートで今度こそ優勝を」:レッドブル シンガポール土曜

オートスポーツweb 9月18日(日)12時31分配信

 2016年F1シンガポールGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは2位だった。

2016年第15戦シンガポールGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=2位
 フロントロウを確保できてうれしい。うまく準備を整え、クリーンなラップを走れた。でもニコ(・ロズベルグ)とのギャップは大きかったね。こんなに大差をつけられないことを願っていたんだけどな。

 完璧なラップを走ったとしても、ニコのタイムには届かなかったと思う。つまり僕はやるべきことをしたということだ。最終セクターはよかったしね。タイヤのコンディションをうまく保って走った。それが重要だったんだ。今までそこがうまくいかなかったから、予選で解決できたことに満足だ。

 僕らはレースをスーパーソフトタイヤでスタートする。トップ10の中では僕らだけだから、うまくいくといいね。モナコで同じことをしたけれど、日曜に雨が降ってしまって、効果を確かめることができなかった。思いどおりのスタートを決めることができれば、状況をコントロールして走れるだろう。ただ、ここのレースは予想がつかないからね。インシデントが起きたりセーフティカーが出動するのが普通だから、単純なレースにはならないだろう。でもいい感触を持っているし、チャレンジする準備はできている。わくわくするよ。

(スタートタイヤをスーパーソフトにしたことについて語り)他のチームも同じことをすると思っていた。だから僕らだけだったことに驚いたよ。

 最初から決めていたことだ。モナコと同じだよ。モナコはウエットスタートになったけれど、明日はドライになると思う。だから、うまくいくかどうか、今度こそ確かめられるだろう。 

(ポールには届かなかったけれど)十分喜んでいる。フロントロウにつくことが目標だったんだ。メルセデスに勝つことは簡単ではないと分かっていた。少なくとも1台に勝てたんだからうれしいよ。 

 明日は優勝したいな。フロントロウを確保したからチャンスはある。トラブルを避けて、勝利を目指したい。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月18日(日)12時32分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]