ここから本文です

リカルド「ポールでなくても十分うれしい。SSスタートで今度こそ優勝を」:レッドブル シンガポール土曜

オートスポーツweb 9/18(日) 12:31配信

 2016年F1シンガポールGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは2位だった。

2016年第15戦シンガポールGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=2位
 フロントロウを確保できてうれしい。うまく準備を整え、クリーンなラップを走れた。でもニコ(・ロズベルグ)とのギャップは大きかったね。こんなに大差をつけられないことを願っていたんだけどな。

 完璧なラップを走ったとしても、ニコのタイムには届かなかったと思う。つまり僕はやるべきことをしたということだ。最終セクターはよかったしね。タイヤのコンディションをうまく保って走った。それが重要だったんだ。今までそこがうまくいかなかったから、予選で解決できたことに満足だ。

 僕らはレースをスーパーソフトタイヤでスタートする。トップ10の中では僕らだけだから、うまくいくといいね。モナコで同じことをしたけれど、日曜に雨が降ってしまって、効果を確かめることができなかった。思いどおりのスタートを決めることができれば、状況をコントロールして走れるだろう。ただ、ここのレースは予想がつかないからね。インシデントが起きたりセーフティカーが出動するのが普通だから、単純なレースにはならないだろう。でもいい感触を持っているし、チャレンジする準備はできている。わくわくするよ。

(スタートタイヤをスーパーソフトにしたことについて語り)他のチームも同じことをすると思っていた。だから僕らだけだったことに驚いたよ。

 最初から決めていたことだ。モナコと同じだよ。モナコはウエットスタートになったけれど、明日はドライになると思う。だから、うまくいくかどうか、今度こそ確かめられるだろう。 

(ポールには届かなかったけれど)十分喜んでいる。フロントロウにつくことが目標だったんだ。メルセデスに勝つことは簡単ではないと分かっていた。少なくとも1台に勝てたんだからうれしいよ。 

 明日は優勝したいな。フロントロウを確保したからチャンスはある。トラブルを避けて、勝利を目指したい。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/18(日) 12:32

オートスポーツweb