ここから本文です

宮口(星稜)県高校新V 女子三段跳び、県高校新人陸上

北國新聞社 9月18日(日)3時8分配信

 第58回県高校新人陸上大会最終日(17日・県陸上競技場=北國新聞社後援)男女15種目の決勝が行われ、公開競技の女子三段跳びで宮口愛子(星稜)が県高校新の11メートル84、男子1600メートルリレーで金沢(山崎孔揮、井村俊祐、中山泰成、的場翔大)が大会新の3分19秒70をそれぞれマークして優勝した。

 女子で吉田唯莉(小松商)が200メートルと1600メートルリレーを制し、初日の100メートル障害、2日目の400メートル障害、400メートルリレーと合わせて5冠を達成した。学校対抗で男子は金沢、女子は小松商がそれぞれトラック、フィールドで優勝し、総合で2連覇を果たした。

北國新聞社

最終更新:9月18日(日)3時8分

北國新聞社