ここから本文です

バイエルンが3連勝 シーズン初失点献上もX・アロンソの弾丸ミドルなどで逆転

SOCCER KING 9月18日(日)12時0分配信

 ブンデスリーガ第3節が17日に行われ、バイエルンとインゴルシュタットが対戦した。

 開幕から2連勝とリーグ5連覇へ向けて好スタートをきったバイエルン。今節は、ここまで勝利のないインゴルシュタットをホームに迎えた。先発にはフランス代表FWキングスレイ・コマンが名前を連ねたほか、13日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のロストフ(ロシア)戦で2ゴールを挙げたドイツ代表MFジョシュア・キミッヒもメンバー入りを果たした。

 試合開始から8分、インゴルシュタットは左サイドをドリブルで駆け上がったマシュー・レッキーがスルーパス。これに走りこんだダリオ・レスカーノがエリア内でトラップしシュートを打つと、ボールはGKマヌエル・ノイアーの股を抜き、ネットを揺らした。バイエルンは今シーズンのリーグ戦で初失点を献上したこととなった。

 それでも直後の15分、バイエルンがすぐさま同点に追いつく。敵陣でアルトゥーロ・ビダルが相手選手にタックルし、こぼれ球をフランク・リベリーが拾う。すぐさま、ディフェンスラインの裏へ抜けたロベルト・レヴァンドフスキにパスを出すと、レヴァンドフスキはGKエリアン・ニュランドの動きを見てループシュート。ボールはゴールへ吸い込まれた。

 しかしその後、バイエルンはチャンスを作れず、1-1のままハーフタイムへ突入する。

 後半開始とともにバイエルンは、コマンに代えてドウグラス・コスタを投入した。すると50分、バイエルンはピッチ中央でフリーとなったシャビ・アロンソが思い切り右足を振りぬく。すると、弾道の低いシュートはゴール左下へ突き刺さり、逆転に成功した。

 逆転を許したインゴルシュタットは68分、エリア付近でショートパスをつなぐと、スルーパスに反応したルーカス・ヒンテルゼーアがGKノイアーとの1対1を迎える。しかしシュートはわずかにポスト右へ外れ、ネットを揺らすことはできなかった。

 すると84分、左サイドのリベリーからボールを受けたラフィーニャが、エリア外でトラップし、そのままシュート。これが左サイドネットを揺らし、試合を決定づける3点目を決めた。

 結局試合はこのままタイムアップ。バイエルンが先制点を奪われながらも3ゴールを叩き込み、リーグ戦3連勝を飾った。

 次戦、バイエルンは21日に日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと、インゴルシュタットは20日に日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
バイエルン 3-1 インゴルシュタット

【得点者】
0-1 8分 ダリオ・レスカーノ(インゴルシュタット)
1-1 12分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
2-1 50分 シャビ・アロンソ(バイエルン)
3-1 84分 ラフィーニャ(バイエルン)

SOCCER KING

最終更新:9月18日(日)12時41分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報