ここから本文です

長谷部フル出場のフランクフルト、レヴァークーゼンに競り勝ち早くも2勝目

SOCCER KING 9月18日(日)12時35分配信

 ブンデスリーガ第3節が17日に行われ、日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトとレヴァークーゼンが対戦した。

 2015-16シーズンのリーグ戦で16位となったフランクフルトが、同3位のレヴァークーゼンをホームに迎えての一戦。長谷部はリーグ戦3試合続けて先発出場を果たしている。

 試合開始からこう着状態が続き迎えた24分、レヴァークーゼンはピッチ中央でボールを持ったケヴィン・カンプルがスルーパス。これに反応したアドミル・メーメディがエリア左で左足を振りぬくが、ボールはポスト右へ外れた。

 対するフランクフルトは34分、マルコ・ファビアンが左サイドから中央へカットインし、そのまま右足でミドルシュート。しかし枠をとらえることができない。

 スコアレスのまま後半に突入して53分、フランクフルトはファビアンが左サイドから上げたクロスをエリア内のアレクサンダー・マイアーがトラップ。そのまま左足でシュートを放ち、ネットを揺らした。

 しかし直後の60分、レヴァークーゼンが同点に追いつく。ケヴィン・フォラントが左サイドからグラウンダーのボールを供給。これにフリーで走りこんだハビエル・エルナンデスが落ち着いてトラップすると、GKをかわしてゴールへ流し込んだ。

 それでも79分、フランクフルトは左サイドをパスワークで崩すと、エリア内のアンテ・レビッチがグラウンダーのクロス。これをファビアンが左足でミートし、勝ち越しゴールを挙げた。

 試合はこのままタイムアップ。レヴァークーゼンに競り勝ったフランクフルトが、今シーズンのリーグ戦2勝目を挙げた。なお、長谷部はフル出場を果たしている。

 次節、フランクフルトは敵地でインゴルシュタットと、レヴァークーゼンはホームで日本代表MF宇佐美貴史が所属するアウクスブルクと対戦する。

【スコア】
フランクフルト 2-1 レヴァークーゼン

【得点者】
1-0 53分 アレクサンダー・マイアー(フランクフルト)
1-1 60分 ハビエル・エルナンデス(レヴァークーゼン)
2-1 79分 マルコ・ファビアン(フランクフルト)

SOCCER KING

最終更新:9月18日(日)12時37分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。