ここから本文です

長谷部フル出場のフランクフルトがホーム2連勝、レバークーゼンは終了間際にチチャリートがPK失敗

ゲキサカ 9/18(日) 7:50配信

[9.17 ブンデスリーガ第3節 フランクフルト2-1レバークーゼン]

 ブンデスリーガは17日、第3節2日目を行い、MF長谷部誠の所属するフランクフルトはホームでレバークーゼンと対戦し、2-1で競り勝った。長谷部はダブルボランチの一角で開幕から3試合連続のフル出場。2試合ぶり今季2勝目に貢献した。

 スコアレスで折り返した後半8分、フランクフルトはマルコ・ファビアンの左クロスからFWアレクサンダー・マイヤーが左足で押し込み、先制点。エースの2試合ぶりゴールでリードを奪うが、レバークーゼンも同15分にFWハビエル・エルナンデスのゴールで同点に追いついた。

 それでも後半34分、フランクフルトは浮き球のパスからPA左へ走り込んだFWアンテ・レビッチがグラウンダーのクロスを入れ、ファビアンが左足で流し込む勝ち越しゴール。今季初先発の背番号10が1ゴール1アシストを記録し、2-1と再びリードを奪った。

 レバークーゼンは後半43分、FWユリアン・ブラントがPA内で後方からDFティモシー・チャンドラーに倒され、PKを獲得。絶好の同点機だったが、チチャリートのキックは左ポストを直撃し、チャンスを生かせなかった。試合はそのままタイムアップ。フランクフルトは2試合ぶりの白星でホーム2連勝となり、レバークーゼンはアウェー連敗で早くも今季2敗目を喫した。

最終更新:9/18(日) 7:50

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。