ここから本文です

今季初失点もリベリの3アシストで逆転、バイエルンは無傷の開幕3連勝

ゲキサカ 9月18日(日)8時10分配信

[9.17 ブンデスリーガ第3節 バイエルン3-1インゴルシュタット]

 ブンデスリーガは17日、第3節2日目を行い、バイエルンはホームでインゴルシュタットに3-1で逆転勝ちし、開幕3連勝を飾った。

 先制したのはアウェーのインゴルシュタットだった。前半8分、カウンターからFWマシュー・レッキーが左サイドをドリブルで駆け上がり、ゴール前にスルーパス。走り込んだFWダリオ・レスカノがGKマヌエル・ノイアーとの1対1から右足でシュートを放ち、ゴールに流し込んだ。

 今季初失点を喫したバイエルンだが、直後の前半12分、MFフランク・リベリのスルーパスに反応したFWロベルト・レワンドフスキが左足のループシュートで同点ゴール。エースの3戦連発弾で試合を振り出しに戻した。

 1-1で折り返した後半5分にはリベリの横パスを受けたMFシャビ・アロンソが豪快なミドルシュートをゴール左隅に叩き込み、2-1と逆転に成功。後半39分、カウンターからリベリのラストパスを受けたDFラフィーニャが右足ミドルをゴール左隅にねじ込み、ダメを押した。

 リベリの3アシストで逆転勝利を飾ったバイエルンはこれで開幕から3戦11発。無傷の開幕3連勝で勝ち点を9に伸ばし、前人未到の5連覇へ好発進を切っている。

最終更新:9月18日(日)13時16分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。