ここから本文です

サンチェス、PK失敗も2ゴール! アーセナルが10人のハル・シティに4発快勝で3連勝

ゲキサカ 9月18日(日)8時49分配信

[9.17 プレミアリーグ第5節 ハル・シティ1-4アーセナル]

 プレミアリーグは17日、第5節を行った。アーセナルは敵地でハル・シティと対戦し、4-1で勝利した。

 アーセナルは、13日に行われたチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第1節パリSG戦から2選手を変更。GKペトル・チェフがゴールマウスを守り、MFアレックス・オクスレード・チェンバレンに代わって、FWセオ・ウォルコットが起用された。

 すると、前半17分にそのウォルコットから先制点が生まれる。PA右からウォルコットが入れたクロスをGKエルディン・ヤクポビッチが弾き、こぼれ球をFWアレックス・イウォビが左足シュート。これがFWアレクシス・サンチェスに当たって、先制のゴールネットを揺らした。

 さらにアーセナルは前半40分、右からウォルコットが折り返したボールをMFフランシス・コクランがシュートを放つと、これがMFジェイク・リバーモアの手に当たり、PKを獲得。リバーモアには、レッドカードが提示された。このPKをサンチェスが右足で左下に蹴り込むも、GKヤクポビッチがセーブ。突き放す絶好のチャンスだったが、前半は1点リードで折り返した。

 それでもアーセナルは後半11分、中央でボールを受けたウォルコットがイウォビとのワンツーからPA内に侵入。冷静に右足ループシュートを決め、2-0とする。だが、同33分にGKチェフがFWディウメルシ・ムボカニを倒してしまい、PKを献上。これをMFロバート・スノッドグラスにきっちり決められ、1点差に詰め寄られる。

 悪い流れが漂い始めたアーセナルだったが、エースがその流れを絶った。後半38分、サンチェスのスルーパスで裏を取ったウォルコットの左足シュートはGKヤクポビッチに止められるが、こぼれ球を回収したサンチェスが冷静に右足でゴールネットを揺らし、再びリードを2点差とする。最後は途中出場のMFグラニト・ジャカが目の覚めるような左足ミドルを突き刺し、勝負あり。アーセナルが4-1で勝利し、3連勝とした。

最終更新:9月18日(日)8時49分

ゲキサカ