ここから本文です

「僕のゴールでも良いじゃん!」 サンチェスに今季初ゴール奪われ嘆く20歳イウォビ

ゲキサカ 9月18日(日)13時14分配信

[9.17 プレミアリーグ第5節 ハル・シティ1-4アーセナル]

 アーセナルのFWアレックス・イウォビ(20)は、FWアレクシス・サンチェスに今季初ゴールを奪われ、「僕のゴールでも良いじゃん」と嘆いている。クラブ公式が伝えている。

 アーセナルは17日、プレミアリーグ第5節でハル・シティのホームに乗り込んだ。開幕戦以来の先発となったイウォビは前半17分、相手GKが弾いたボールにいち早く反応し、左足を振り抜く。これが先制のゴールネットを揺らし、イウォビの今季初ゴールかと思われたが、GKの前でサンチェスがわずかに触っており、サンチェスのゴールとして記録された。

 イウォビは、「僕は正直、自分が決めたものだと思っていた。でも、彼(サンチェス)がずっと『オレが触った!オレが触った!』って言い続けていたんだ。僕のゴールでも良いじゃん!って思ったよ」と、冗談交じりに先制点の場面を振り返っていた。

 後半32分までプレーし、4-1の勝利に貢献した20歳のアタッカーは、昨季13試合で2ゴールと出場機会に恵まれなかったが、今季は5試合を終えて3試合に出場。ピッチの中でも存在感を放っている。現状についてイウォビは、「出場する全ての試合で自信を持ってプレーできている。興奮してるしプレーするのが待ちきれないんだ。1分たりともピッチを離れたくないって感じ。フットボールを楽しめている。これは僕にとってすごく重要なことだよ」と、好調の理由を語っている。

最終更新:9月18日(日)13時14分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。