ここから本文です

ゴールショーに乗り遅れた香川 「チャンスは平等にあった」と後悔

ゲキサカ 9月18日(日)13時15分配信

[9.17 ブンデスリーガ第3節 ドルトムント6-0ダルムシュタット]

 ブンデスリーガは17日、第3節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでダルムシュタットと対戦し、6-0で大勝した。ベンチスタートの香川は後半18分から途中出場したが、無得点に終わった。

 3-0の後半12分にダルムシュタットが退場者を出し、数的優位に立ったドルトムント。同18分から香川、MFエムレ・モル、同26分にはMFセバスティアン・ローデがピッチに入った。

「相手は10人だし、点を取るしかないと思って積極的に入った」という香川にもチャンスはあった。後半32分、ローデの右クロスにファーサイドのMFクリスティアン・プリシッチが頭で合わせると、GKが弾いたボールが目の前にこぼれてきた。しかし、トラップから放った左足シュートはブロックに遭い、決定機を生かせなかった。

 それでも、チームは直後の後半33分にMFゴンサロ・カストロがこの日2点目を決め、4-0。同39分にはローデ、同43分にはモルがそれぞれ移籍後初ゴールを決め、6-0のゴールラッシュに貢献した。

 香川以外の途中出場選手がいずれもゴールを決め、チームも6発大勝。「前の選手は、途中から入った選手も含めてみんな結果を残した。自分にもチャンスはあったので、そこは残念」。若手を含めてポジション争いが激しさを増す中、アピールに失敗。「あとはだれが決めるかみたいな展開で、チャンスは平等にあったので、そういう意味では決めたかった」と悔しさをにじませた。

最終更新:9月18日(日)13時19分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。