ここから本文です

チチャリートのPK失敗はレーザー照射が原因?フランクフルトGK「そんなことは言い訳にできないよね」

ゲキサカ 9月18日(日)16時39分配信

 レバークーゼンのFWハビエル・エルナンデスが、17日のブンデスリーガ第3節フランクフルト戦でPKを失敗したが、その際にレーザーポインターの光が当てられていたようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。

 レバークーゼンは、1点ビハインドの後半15分にチチャリートのゴールで追いつくも、同34分に勝ち越しを許してしまう。だが、終了間際の同43分に、裏を取ったFWユリアン・ブラントが後方から倒され、PKを獲得。同点のチャンスが巡ってきたが、チチャリートが右足で放ったシュートは左ポストに嫌われ、同点に追いつくことができなず、今季2敗目を喫した。

 ドイツ『ビルト』は、「PK失敗はレーザーポインターのせいか?」というタイトルで、PKキッカーを務めたチチャリートの額に緑色のレーザーポインターが当たっている動画を掲載。試合後にチチャリートが「あれは邪魔だった」と語っていたと伝え、レーザーポインターの照射がPKに大きく影響したとしている。

 しかし、フランクフルトのGKルーカス・フラデツキーは、「彼の顔に光が当たっていたよ」と前置きをした上で、「でも、彼のようなトップレベルの選手ならそんなことは言い訳にできないよね」と厳しい言葉を突き付けている。

最終更新:9月18日(日)16時41分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。