ここから本文です

“珍ゴール”に苦笑い…清水の20歳DF松原后がプロ入り初ゴール

ゲキサカ 9/18(日) 18:34配信

[9.18 J2第32節 清水2-1水戸 アイスタ]

 清水エスパルスのDF松原后がプロ入り初ゴールを決めた。

 8試合連続の先発出場となった松原。1点ビハインドの後半40分、左CKからFW大前元紀が中央にボールを入れる。ニアに走り込んだFW長谷川悠には合わなかったが、中央で相手と競り合い、ゴールに背を向けていた松原の右足かかと付近に当たって、ボールはゴールに吸い込まれた。この“珍ゴール”には松原も笑うしかなかった。チームはこれで勢いづき、ラストワンプレーでゴールネットを揺らし、劇的勝利をおさめた。

 浜松開誠館高から昨年加入した松原は、昨季J1リーグで7試合、ナビスコ杯(現・ルヴァン杯)で4試合、Jリーグ・アンダー22選抜では3試合に出場していた。今季は5月22日の第14節・東京V(1-2)戦で初出場すると、この試合を含めて18試合に出場。徐々に出場機会を増やしていた。

最終更新:9/18(日) 19:36

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]