ここから本文です

イバ2発!南が二度のPKストップ!!7位横浜FCが6位京都との直接対決制し、勝ち点4差に縮める

ゲキサカ 9月18日(日)18時58分配信

[9.18 J2第32節 横浜FC2-0京都 ニッパツ]

 J2の第32節が18日に各地で行われた。7位の横浜FCは勝ち点7差で追う6位の京都サンガF.C.と対戦。プレーオフ圏内浮上へ、なんとしても勝ち点3が欲しい一戦。FWイバが2得点の活躍をみせれば、GK南雄太は二度のPKストップ。攻守噛み合うプレーをみせた横浜FCが2-0で勝利し、プレーオフ圏内まで勝ち点4差に縮めた。

 横浜FCは前節・町田戦(1-1)から先発一人を変更。DF大崎玲央が累積警告による出場停止で2戦ぶりにDF市村篤司が先発した。対する京都は前節・松本戦(0-2)から先発3人が変わった。DF染谷悠太とFWエスクデロ競飛王が出場停止から復帰し、DF内田恭兵は3戦ぶりに先発起用された。

 開始2分、先にチャンスを迎えたのは京都。前半2分、中央で奪ってのカウンター。左サイドから逆サイドへ展開し、MFアンドレイからのパスがこぼれたところ、最後は拾ったエスクデロがミドルシュートを狙うがGK南雄太に止められた。

 その後は横浜FCの時間が続く。5分にはゴール正面でFW津田知宏がキープ。落としたボールを受けたMF野崎陽介がファーサイドへ送るも、FWイバには合わない。同8分には右サイドスローインから受けたイバが角度ない位置から中央へ折り返すが、GK菅野孝憲に止められた。

 前半11分に試合は動く。PA手前正面で浮き球をキープしようとした津田が染谷に倒され、FKを獲得。MF中里崇宏が丁寧にセットしたボールを蹴り入れたのはイバ。左足で狙い澄ましたボールは壁を越え、ゴール右へ突き刺さった。GK菅野もほとんど動けない一撃。横浜FCが先制に成功した。横浜FCの戦士たちは“ゆりかごダンス”で先制点を喜んだ。

 その後も横浜FCがチャンスを迎える。前半22分にはMF佐藤謙介が持ち込み、受けたイバがPA手前右でキープ。リターンを受けた佐藤がミドルシュートを狙うが枠を外れた。

 前半のうちに1点を返したい京都はセットプレーを得るものの、得点にはつなげない。右CKからのボールはDFにクリアされ、相手を決定的に崩すシーンを作ることができず。前半終了間際のアディショナルタイム2分には、浮き球の競り合いでMF山瀬功治が津田のファウルを受け、FKを獲得。エスクデロが豪快に狙ったボールは壁を抜け、枠を捉えたかに思われたが、ゴール前に詰めていたDF永田拓也に弾かれた。直後に前半は終了した。

 1点リードで前半を折り返した横浜FCは、後半13分に追加点。右サイドでキープした佐藤が中央へスルーパス。受けたMF野村直輝が切り返しからPA内左へ流す。受けたイバが前を向き、DF菅沼駿哉を切り返しでかわす。迫りくる内田を前に、すくうような左足シュートでゴールネットを揺らした。イバの2点目で2-0と差を広げる。

 流れを変えたい京都は後半15分にFW沼大希に代わり、FW有田光希を投入。同24分には右サイドから有田がドリブルで仕掛け、横パスを受けたMFアンドレイが右足ミドルを狙うが枠外。1点が遠い。

 後半24分に京都は山瀬に代わり、FWキロス。横浜FCは野崎に代わり、DF楠元秀真を送り込む。すると3分後の後半27分、左クロスからPA内右へ走り込んだキロスを楠元が倒してしまい、PKを献上。このプレーで楠元は警告を受けた。

 京都にとっては1点を返す絶好のチャンス。しかし、キロスがゴール左下を目掛けて蹴りこんだシュートはGK南に弾かれた。横浜FCの選手たちはすかさず南の元へ駆け寄り、頼れる守護神を労った。リードする横浜FCは後半34分に津田に代わり、MF寺田紳一を投入。同39分には最後の交代カードを切り、野村に代わって、FW大久保哲哉を送り込んだ。

 すると後半40分、またも京都がPKを獲得する。エスクデロのパスから右へ抜けた内田がクロスを入れる。ゴール正面の相手にクリアされるが、PA内左でこぼれを拾った有田が市村に倒された。

 二度目のPKでキッカーを務めたのはエスクデロ。果敢にもキロスが止められたコースと同じゴール左下を狙ったシュートは、またも守護神・南に止められてしまう。横浜FCは南の二度目のPKストップで2点差を守る。京都は後半44分、内田に代えてFWダニエル・ロビーニョを投入。その後はスコアは動かず。横浜FCが2-0の勝利で、京都と勝ち点4差に縮めた。

最終更新:9月18日(日)19時10分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]